« 情動 | トップページ | 二重誘拐 »

真夜中の探偵

有栖川 有栖著『真夜中の探偵』読了
なんだかよくわからないミステリーだった。
空閑純・少女探偵ソラのシリーズをこれから書いて行く、その幕開けの一冊なのかな。
幕開けがこれでは、その先はどんな話になるのだろう。
パラレルワールドを舞台にしている。北海道が別の国として独立して、探偵行為が違法とされる国で、探偵をしていた両親がそれぞれ逮捕されたり、失踪してしまって、少女純は新たにソラと名乗る探偵となって行く のかな。
なんか、舞台設定になかなか入り込めないし、先に進まないし、殺人の設定はいろいろ込み入っているけど、だからどうしたって感じがする。
要するに面白くない。
もっと論理的で、動きがあって面白いミステリーを書いてきた著者が何を目的としてこういった小説を書いて行きたいのかよくわからない。まあ、さきにいけばもう少しおもしろくなるのかな。

真夜中の探偵 (特別書き下ろし)
真夜中の探偵 (特別書き下ろし)有栖川 有栖

講談社 2011-09-15
売り上げランキング : 97296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
長い廊下がある家 高原のフーダニット 火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫) 妃は船を沈める (光文社文庫) 闇の喇叭

|

« 情動 | トップページ | 二重誘拐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/54470406

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の探偵:

« 情動 | トップページ | 二重誘拐 »