« レベル7 福島原発事故、隠された真実 | トップページ | はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか »

平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?

亀井敬史著『平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?』読了
震災前に書かれた、現在のウランを原料とせず、別の系統で原子力発電を行うトリウム原発の将来性について書いた本。
平易に書かれているので、何となくは理解できるが、なぜウランによる原発が主流となってしまい、トリウムによる原発は実験後作られなかったのか。あくまでアメリカのプルトニウムを必要としたからだけなのか。
最近のニュースでは中国やインドがトリウム原発を作ろうとしているとか。
本当にこの本で書かれているような、プルトニウムを消費してくれて、放射性物質の発生を抑えて、比較的小型にできるのであれば万々歳だ。でも、そう簡単ではないだろうし、これだけウランを燃やす軽水炉が出来てしまっていることから考えると、今ある原発でトリウムを燃やすようにしないといけないのではないか。同じようにプルトニウムが減ってくれるのであればありがたいが。
続編や次の話題の本も出ているので、そちらも読みたい。

平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?
平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?亀井敬史

雅粒社 2010-09-11
売り上げランキング : 65479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
原発安全革命 (文春新書) 平和のエネルギートリウム原子力II 世界は“トリウム”とどう付き合っているか? トリウム溶融塩炉で野菜工場をつくる-北海道中川町の未来プロジェクト- 原子力と50年「服部禎男」大激白 「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる! 世界の放射線被曝地調査 (ブルーバックス)

|

« レベル7 福島原発事故、隠された真実 | トップページ | はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/54590043

この記事へのトラックバック一覧です: 平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?:

« レベル7 福島原発事故、隠された真実 | トップページ | はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか »