« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

パラドックス13

東野 圭吾著『パラドックス13』読了
久しぶりに著者の作品を読む。しかもSF風現代パニックもの。
超常現象から、世の中の人間がいなくなり、残された13人で生きて行こうとする。そのうちに地震が起き、洪水となり、最終的にもとの世界に戻れるのか。
昔こんな小説を読んだことがあると記憶を辿って行ったら、小松左京著『こちらニッポン・・・』だった。たしか、NHKの少年ドラマシリーズにも同じような題材のものがあったような気がする。もう、35年ぐらい前のドラマだが。
状況を作り出し、その中で生きて行こうとする人間を描くのは結構難しいかもしれない。小松左京さんの小説で記憶にあるのは、秋葉原にいった少年がマイコンボード(既に懐かしい)を見つけ、これでなにか作ってみるという話があったはず。8ビットのマイコンボードでその当時出初めだったと思う。
現代でいえば、携帯電話やタブレットかもしれないが、そのベースとなる社会基盤がなくなってしまえば、まったく宝の持ち腐れだ。電気ですら、すぐに止まってしまう。食料は残された缶詰などになってしまう。現代の生活は社会基盤の上に成り立っていることがよくわかる。
使い古されたネタだが、著者の力量で非常におもしろい作品となっている。

パラドックス13
パラドックス13東野 圭吾

毎日新聞社 2009-04-15
売り上げランキング : 18015

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プラチナデータ 聖女の救済 (文春文庫) 真夏の方程式 マスカレード・ホテル カッコウの卵は誰のもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか

篠田 節子著『はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか』読了
作者と題名に惹かれて手に取った。
SFっぽい短編集。著者としては珍しいのかもしれない。
表題作は猿の一種の行動パターンを入力された自立型ロボットが人を救う話。将来的にはあり得る話だと思うけど、感情を持つかというところはまあ、小説だから。
また、深海にすむうなぎの一種がレアメタルのパラジウムを多量に含有していることから、この種類を捕獲して、中のパラジウムを濃縮して資源とする話。深海の熱水鉱床にはレアメタルが存在していることは知られているので、それを生物を使って濃縮する。その昔、聞いた話では鉄鉱石の鉱脈は鉄バクテリアというものがいて、それが集まって出来ているとか。そういったこともあり得るのかと。
まあ、SFっぽいお話だけど、読み入ってしまう。結構面白かった。

はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか
はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか篠田 節子

文藝春秋 2011-07
売り上げランキング : 212000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
銀婚式 コミュニティ (集英社文庫) 仮想儀礼〈下〉 (新潮文庫) 角のないケシゴムは嘘を消せない (講談社ノベルス) 廃院のミカエル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?

亀井敬史著『平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?』読了
震災前に書かれた、現在のウランを原料とせず、別の系統で原子力発電を行うトリウム原発の将来性について書いた本。
平易に書かれているので、何となくは理解できるが、なぜウランによる原発が主流となってしまい、トリウムによる原発は実験後作られなかったのか。あくまでアメリカのプルトニウムを必要としたからだけなのか。
最近のニュースでは中国やインドがトリウム原発を作ろうとしているとか。
本当にこの本で書かれているような、プルトニウムを消費してくれて、放射性物質の発生を抑えて、比較的小型にできるのであれば万々歳だ。でも、そう簡単ではないだろうし、これだけウランを燃やす軽水炉が出来てしまっていることから考えると、今ある原発でトリウムを燃やすようにしないといけないのではないか。同じようにプルトニウムが減ってくれるのであればありがたいが。
続編や次の話題の本も出ているので、そちらも読みたい。

平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?
平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか?亀井敬史

雅粒社 2010-09-11
売り上げランキング : 65479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
原発安全革命 (文春新書) 平和のエネルギートリウム原子力II 世界は“トリウム”とどう付き合っているか? トリウム溶融塩炉で野菜工場をつくる-北海道中川町の未来プロジェクト- 原子力と50年「服部禎男」大激白 「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる! 世界の放射線被曝地調査 (ブルーバックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レベル7 福島原発事故、隠された真実

『レベル7 福島原発事故、隠された真実』読了
震災の日から、最悪の事態が回避されるまでを克明に記述した本。
それ以外にも、危険な原発が作られた経緯を詳しく追っている。
過去を振り返ることが出来るようになってよかったと思うが、つくづく何も準備がなされていなかったところに想定外の事象が起こってしまい、それに対して適切な対処ができず、後手後手に回っていた対応がよくわかる。
何事も準備が大事。いきなり準備体操もせずにそれなりの大会に出て、3位以内に入りなさいと言われているようなものだ。
しかし、本当に何も準備がされていなかったのだろうか。怠慢とか放漫とか想定外とかいろいろ言葉はあるけど、法律などの取り決めで訓練はやっていたはずなのに。そこまでの想定はしなかったということか。そうすると一事が万事心配となる。人間のやることには限界がある。一度にいろいろなことを処理しようとすると必ずミスをする。翻って考えると、同じ場所に原子炉を3つも4つも作っちゃうことがいけないことだったのではないか。まあ、今回は一つでもだめだった可能性があるが。
すべての電源が使えなくなったことが今回の問題を大きくしてしまったことのように思えるが、そもそも津波で電源系が水をかぶってしまったので、仮に非常用電源設備が機能したとしても電源供給がだめだったのではないのか。そのあたりがわからない。水をかぶったことが最大の問題なら、今ある原発全部に対して、気密性の向上策を取ればよくなる。必要な電源車が確保できなかったことが悪いなら、事前に用意しておくとか、今回の事故の原因調査や適切な対応はどうあるべきだったのかの調査がしっかりされているのかがわからない。それがないと何を対策するべきかわからない。だったら、原発は動かさなければ良いということになっちゃう。
なんか、もっと科学的なアプローチで説明してくれないと、原発の再稼働に理解は得られないと思うのだが。

レベル7 福島原発事故、隠された真実
レベル7 福島原発事故、隠された真実東京新聞原発事故取材班

幻冬舎 2012-03-09
売り上げランキング : 1326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
福島第一原発 ―真相と展望 (集英社新書) 福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書 メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 福島原発の真実 最高幹部の独白 プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向日葵は見ていた

西本 秋著『向日葵は見ていた』読了
なかなか序盤物語に入って行けなくて、このまま読み進んで行けるのだろうかと思ってしまったが、終盤に行くと一気に読めて、2転3転の展開でおもしろかった。読み終わった後に、最初を読み返すとそういう意味でこういう場面だったのかとわかった。もうすこし、序盤にスムーズ感があると良かったのだろうけど。
主人公は博物館の職員。月例展示のネタを探すうちに、とある写真集をみつける。向日葵の咲き乱れる洋館で、すでに廃屋となっている。そこにこの話の原点がある。その洋館の過去の物語と現在の動きが交差し、最終的にその洋館で殺人事件が起きたのだが、その犯人と被害者がだれなのかが最後まで明かされない。そこは著者と読者の駆け引きなのだが、それがこのミステリーをわからなくしている点だろう。
うまく作られたミステリーだと思うが、謎解きの主題が向日葵の咲く洋館なので、ちょっとよくわからなかったのが正直なところ。わるくはないのだけど。
これが初長編らしいので、将来に期待してもいいと思う。

向日葵は見ていた
向日葵は見ていた西本 秋

双葉社 2010-07-21
売り上げランキング : 250173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
窓の外は向日葵の畑 再会 人生相談始めました アルバトロスは羽ばたかない 消失グラデーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二重誘拐

井上 一馬著『二重誘拐』読了
たまたま本の名前で手に取ったが、はっきり言って”駄作”だわ。
若い女性を次々と誘拐して、2、3年後には解放する事件が連続して起きる。女性たちはどこかに監禁され、食事等は与えられるが、誘拐犯に陵辱され、妊娠させられ、その子供をさらに誘拐されることによって、解放された後にお金を払うという事件。
考えてこの設定を作ったのだろうけど、どうやったらこういうことできるの。子供を産むってそんなに簡単なことじゃないよ。そもそも犯人の動機がわからない。単に誘拐監禁して陵辱したいけど、殺したくないし、捕まりたくないから子供をネタに脅すって、そうなるばっかりじゃないじゃん。
この話はどうも現実感がない。事件を追う刑事を描いてみたり、誘拐された女性のつきあっていた男性を描いてみたり、何を描きたいのかわからん。
読んで損した。

二重誘拐
二重誘拐井上 一馬

マガジンハウス 2006-10-19
売り上げランキング : 1249957


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夜中の探偵

有栖川 有栖著『真夜中の探偵』読了
なんだかよくわからないミステリーだった。
空閑純・少女探偵ソラのシリーズをこれから書いて行く、その幕開けの一冊なのかな。
幕開けがこれでは、その先はどんな話になるのだろう。
パラレルワールドを舞台にしている。北海道が別の国として独立して、探偵行為が違法とされる国で、探偵をしていた両親がそれぞれ逮捕されたり、失踪してしまって、少女純は新たにソラと名乗る探偵となって行く のかな。
なんか、舞台設定になかなか入り込めないし、先に進まないし、殺人の設定はいろいろ込み入っているけど、だからどうしたって感じがする。
要するに面白くない。
もっと論理的で、動きがあって面白いミステリーを書いてきた著者が何を目的としてこういった小説を書いて行きたいのかよくわからない。まあ、さきにいけばもう少しおもしろくなるのかな。

真夜中の探偵 (特別書き下ろし)
真夜中の探偵 (特別書き下ろし)有栖川 有栖

講談社 2011-09-15
売り上げランキング : 97296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
長い廊下がある家 高原のフーダニット 火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫) 妃は船を沈める (光文社文庫) 闇の喇叭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情動

新津きよみ著『情動』読了
家族などをテーマとした短編集。著者が結構ミステリーを書いている人なので、この本もミステリーかと手に取ったが、ミステリーの要素は少なくかった。
高齢での別居とか、遺産相続とか、高齢化社会の問題がいろいろ出てくる。こういったことが普通に出てくる社会になってしまったのだろう。自分も高齢化してきて、先もだんだん心配となってきた。さすがに遺言書はかかないけどね。いつ逝ってもいいように整理はしておかないとね。

情動
情動新津きよみ

徳間書店 2009-11-19
売り上げランキング : 247032

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
巻きぞえ (光文社文庫) 結婚紹介殺人事件 (ハルキ文庫) 指先の戦慄 (角川ホラー文庫) 指名手配―特別捜査官七倉愛子 決めかねて (祥伝社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警官の条件

佐々木 譲著『警官の条件』読了
『警官の血』の続編的な小説。どなたかが言っていたが、『警官の血』は大河ドラマだったが、こちらは二人の警察官に焦点を当てた刑事ものになっている。
暴力団系の担当で刑事からはずれた感じの主人公の一人が、監察で逮捕されるところから始まる。情報を得るためなら、多少の法を破ることをやる、警察から外れた感じが、上層部で目障りとなり、警察を追われるが、その後の不祥事で、復帰する。最終的には警察官として犯人を検挙し、殉職するが、ちょっと著者の思い入れが入りすぎている感がして、重い感じの読後感だ。
最近の警察の不祥事やら、不作為やらが組織としての疲弊を表しているのか。警察だけでなく、教師も教育委員会も社会全体が疲弊している感じは十分する日本だが、取り締まる側の警察はしっかりしてもらいたいものだ。
そういえば、先日ある事件(こちらは被害者)で警察の事情聴取を受けたが、なんだかお役所的でどうなんだろうって思ってしまった。また調書取りにくるっていいってたけど、3ヶ月ぐらい後だとか。わすれちゃうよ。そんな向こうじゃ。しかも、専門的、技術的な事件なんで、向こうもわからない感じはぷんぷんだし。そりゃそうだろうと思うよ、IT系の犯罪なんだからね。わからないのも仕方がない。田舎はこんなもんだけど、IT系の犯罪はワールドワイド化、クラウド化しているからね。全世界が攻撃対象。全世界から攻撃されちゃうかもしれないんだから。恐ろしい世の中になっちゃったね。
この小説とはまったく関係ない話でした。

警官の条件
警官の条件佐々木 譲

新潮社 2011-09
売り上げランキング : 83344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
密売人 警官の血〈上〉 (新潮文庫) 暴雪圏 (新潮文庫) 転迷―隠蔽捜査〈4〉 警官の血〈下〉 (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全なる首長竜の日

乾 緑郎著『完全なる首長竜の日』読了
このミス大賞だったかな。新人としてはすごい。ミステリーの要素は少ないが。
主人公は女性漫画家で、弟が病院で入院中。植物状態に近いが、最近開発されたという意識下にアクセスする装置で姉とアクセスする。まあ、夢の中に入り込む感覚ととらえればいいのか。意識かに入り込み、弟の自殺の理由を聞こうとする。その状況と現実が微妙に交錯して行き、最後には大どんでん返しがあるのだが。
夢と現実が交錯する話として『胡蝶の夢』がでてくる、どちらが現実なのかわからなくなるという話だ。実際に現実感のある夢を見てしまったりすると、現実にそれが起きたことではないかと思ってしまったり、急に昔のことを思い出したり。昔ホーガンの小説で『仮想空間計画』というものがあった。コンピュータで作られた仮想現実のなかで、それぞれの人が別の生き方をするというような話だった気がするが、まさに現実と作られたものの区別がなくなってしまう話だ。
なんとなく感覚的にはわかる。今生きているこの世界が本当に現実なのか。考えすぎると別の世界に行ってしまいそうだから、やめておいた方がいい。現実逃避か。

完全なる首長竜の日
完全なる首長竜の日乾 緑郎

宝島社 2011-01-08
売り上げランキング : 161656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さよならドビュッシー (宝島社文庫) ラブ・ケミストリー (宝島社文庫) トギオ (宝島社文庫) 屋上ミサイル (このミス大賞受賞作) 忍び外伝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »