« 震災後 | トップページ | 完全なる首長竜の日 »

県立コガネムシ高校野球部

永田 俊也著『県立コガネムシ高校野球部』読了
たまたま手に取った小説。表紙の絵につられて。
『もしドラ』と似たような展開をする高校野球の物語だ。私怨から、急に高校野球部の部長にしゃしゃり出てくるIT企業の女社長や、昔強剛だったが今は落ちぶれて、このところ全く価値のない県立高校など、設定がおもしろい。
端々に出てくる、高校野球の根性論や意味のあまりない経験ルールをビジネスの世界の常識でばしばし切り捨てて行くのはなかなかおもしろい。ビジネス書として読んでも面白いのではないか。
結局県の予選決勝で優勝候補に勝ってしまうところでおわるが、たしかにちょっと終わり方は良くないかもしれない。勝てない終わり方でも良かったのではないかと思う。
もしドラが世に出ていなかったら、もしかしたら結構売れたような気もする。まあ、一気に読める流れなので、高校野球に興味がある人もない人も読んでみればいいと思う。

県立コガネムシ高校野球部
県立コガネムシ高校野球部永田 俊也

文藝春秋 2010-07
売り上げランキング : 587408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション) 8年 (集英社文庫) ミス・ジャッジ (実業之日本社文庫) 焔 The Flame (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション) ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様〈2〉 (メディアワークス文庫)

|

« 震災後 | トップページ | 完全なる首長竜の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/54308534

この記事へのトラックバック一覧です: 県立コガネムシ高校野球部:

« 震災後 | トップページ | 完全なる首長竜の日 »