« mac mini HDDからSSDへの交換 | トップページ | スリープ »

OCZ Technology Vertex Plus (SSD) 障害報告

前の記事ではminiのSSDへの交換を書いたが、これに使ったOCZ TechnologyのVertex Plus(120GB)がくせ者でした。
そもそもオークションでやや安価な即決価格で出ていたので、なんかなーとは思っていました。仕様としてはSATA2までの対応品なので、今の主流のSATA3ものに比べると人気がないのはそうかなとも思っていました。
とりあえず落札して、ものとしては販売店の領収書も保障書も付けてもらったので、最悪はサポートに連絡すればいいかとインストールを始めた。
まず最初、フォーマットからOSインストールまで無事終わり、再起動するも起動せず。ボリュームがないと言われる。あれ、おかしいなと。再度フォーマットをするとパーティション作成で止まる。あれ。
一度電源を落として、物理的な接続部分をチェックして、再度電源投入。フォーマットは出来たが、状況は再現。
この時点で、サポートに初期不良かもしれないけどってメールを送る。
サポートからのメールは翌営業日に来たのだけど、”故障の可能性がある。販売店で初期不良で交換してもらうか、RMA番号を発行したので、これを付けてサポートに送り返して。”との回答。オークションで転売されているものだし、販売店って遠くだし、販売時点から1ヶ月も経っているし。

何か情報があるのではないかと、米国のOCZのサポートフォーラムを覗く。当然みんな英語だわ。それでも、つらつら読んでいくと、同じようにちょっと古いMacで同じように使えない現象が出ているような記述があった。それで、新しいファームウェアが出ていると。よくよく自分のファームを調べると3.02だった。最新は3.55。しかも10月の末くらいに出ている。どうもSATA1でのアクセスで問題があったらしい。うちもminiは古いので、SATA1なんだわ。
結局、ファームウェアを焼くためのCD−Rを作るisoイメージをダウンロードして、別のMacで焼いてもらい、それで再起動する。ここでも一つ問題が。今つないでいるディスプレーがシャープのテレビ兼用なもので、解像度の選択が少ない。再起動したら、解像度に対応できないってディスプレーがおっしゃって・・・。
昔使っていたマルチモード対応の液晶ディスプレーを引っ張りだして、つなげたところ、ファームウェアの更新画面がでているではないかい。
これで、ディスクを選択したら、あっという間に3.55への書き換えが終了。
その後は前の記事に従って、システムの復元を行い、今に至る。いまのところ、問題はなし。
とりあえず、このまま使って、保障は3年ということなので、その間に何かあればサポートに連絡することにした。
ちなみにこのSSDが最悪使えないことも想定して、別のSSDをオークションで入札していて、落札できない金額だろうと思ったところ、意外に安い金額で落札できてしまい、こいつをどうするか思案をしないと。
なあ、今のものが問題なければ、オークション出品かな。

ということで、今回の教訓。
・意外に安いオークションものは、入札前に十分調べること。
・英語のサイトしかなくても、自分で調べて解決すること。
・余分な出費は控えること。

どなたか、同じ問題で悩んでいる人には参考になってくれるといいけど。

|

« mac mini HDDからSSDへの交換 | トップページ | スリープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/53314316

この記事へのトラックバック一覧です: OCZ Technology Vertex Plus (SSD) 障害報告:

« mac mini HDDからSSDへの交換 | トップページ | スリープ »