« 隻眼の少女 | トップページ | 感染列島 パンデミック・イブ »

ブック・ジャングル

石持 浅海著『ブック・ジャングル』読了
有川浩が図書館戦争なら、こちらはまさに図書館での戦闘だ。
市の合併に伴う図書館の閉館を舞台に、高校生女子と大学生男子、そしてスナイパーが争う。
なんか、状況的にはちょっとあり得ない話だが、結構面白くさせているし、ちょっとラブロマンスを絡めている。最終的に何人か死んでしまうけど、冷静に考えると閉館になった図書館を舞台にしなくてもいいんじゃないって気がする。
しかも無線操縦のヘリコプターで襲うなんて、無線ヘリの愛好家だったら、文句も言いたくなるだろう。
まあ、そこは小説だから。
最後ちょっと無理矢理大団円って感じもするが、おもしろい小説だった。

ブック・ジャングル
ブック・ジャングル石持 浅海

文藝春秋 2011-05
売り上げランキング : 197385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人面屋敷の惨劇 (講談社ノベルス) 必然という名の偶然 オーダーメイド殺人クラブ メルカトルかく語りき (講談社ノベルス) 密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)

|

« 隻眼の少女 | トップページ | 感染列島 パンデミック・イブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/52828200

この記事へのトラックバック一覧です: ブック・ジャングル:

« 隻眼の少女 | トップページ | 感染列島 パンデミック・イブ »