« ラスト ラン | トップページ | iPad2 PERFECT GUIDE »

性暴力

読売新聞大阪本社社会部著『性暴力』読了
たまたま図書館で手にした本。
なかなか問題は深い。加害者と被害者がいて、今までは加害者がどちらかと言えば守られていて、被害者は2回被害に遭う構造だった。
裁判員裁判が始まり、市民感覚で性犯罪加害者がさばかれるようになり、今まで以上に重い刑に処されるケースが増えてきた。それだけではなく、例えば韓国では一度性犯罪を犯すと、GPSで場所が特定され、氏名や写真までインターネットで公開されるという。日本では個人のプライバシーがどうとか言って実現していない。おかしな国だ。犯罪者の再犯を防ぐ手段として有効だし、さらなる被害者を出さないためには効果があるはず。プライバシーがなんだって。冤罪が多いと言うならまだしも、捕まる犯人が少ないのに。
まだまだこういったところは後進国だ。明治時代から変わっていないのではないか。恥ずかしい。みっともないよ。

性暴力
性暴力読売新聞大阪本社社会部

中央公論新社 2011-04
売り上げランキング : 102219

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
性犯罪被害にあうということ (朝日文庫) 性犯罪被害とたたかうということ 性犯罪の心理 心への侵入―性的虐待と性暴力の告発から 災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間の記録

|

« ラスト ラン | トップページ | iPad2 PERFECT GUIDE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/52375931

この記事へのトラックバック一覧です: 性暴力:

« ラスト ラン | トップページ | iPad2 PERFECT GUIDE »