« ヒトリシズカ | トップページ | 野村総合研究所のやる気を引き出すチーム改革 »

太陽の坐る場所

辻村 深月著『太陽の坐る場所』読了
短編集。連作なんだろうけど。
キョウコという女優をしている女性の高校時代の友達が同級会を開き、そのなかで繰り広げられる人間関係の相関を描いているのだと思うが、理解できなかった。
ネタバレとなるが、キョウコの本名が誰なのかを思わせぶりに語っていくが、どうもどんでん返しを意図していたようにも思えるがはっきりしない。はっきりしないから、よくわからない。
高校時代のエピソードもからめて、話を進めていくが、それらが何の意味があるのかさっぱりわからない。
もっとシンプルでも良かったのではないかと思ってしまうのは私だけではないはず。
この小説をちゃんと理解できた人がいるなら、解説してほしい。

太陽の坐る場所
太陽の坐る場所辻村 深月

文藝春秋 2008-12
売り上げランキング : 250498

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロードムービー (講談社ノベルス) ふちなしのかがみ ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし) V.T.R. (講談社ノベルス) 光待つ場所へ

|

« ヒトリシズカ | トップページ | 野村総合研究所のやる気を引き出すチーム改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/52283343

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の坐る場所:

« ヒトリシズカ | トップページ | 野村総合研究所のやる気を引き出すチーム改革 »