« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

画家たちの 二十歳の原点

平塚市美術館『画家たちの 二十歳の原点』を見に行ってきた。
お目当ては石田徹也の『飛べなくなった人』、『燃料補給のような食事』だ。小中高の後輩だった石田くんの作品を現物で初めて見る機会だったので、平塚まで足を伸ばした。
行ってよかった。静岡県立博物館に所蔵されている作品が多いらしいので、また、所蔵展で出してほしい。

画家たちの二十歳の原点画家たちの二十歳の原点
土方明司(平塚市美術館館長代理)

求龍堂 2011-03-22
売り上げランキング : 81218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
石田徹也全作品集
石田徹也全作品集石田 徹也

求龍堂 2010-05
売り上げランキング : 29740

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
石田徹也遺作集 池田学画集1 絶滅危惧種見聞録 奇界遺産 俺俺

ちなみに昼食は平塚駅前のある『老郷(ラオシャン)』で。湯麺と書くタンメン(550円)。わかめとメンマだけトッピング。やや酸味の利いたスープのおなかに優しいラーメン。ここはラーメンと餃子しかない。潔い。途中まで食べたら、ラー油を入れると二度おいしい。平塚駅に行ったら、一度は食べてみることだ。損はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残照

今野 敏著『残照』読了
警察物を書かせたら、天下一品。
シリーズ物の長編。
ベイエリアで少年たちのけんかから、一人がうしろからナイフで刺され、死亡する。犯行現場から逃げたとされる少年を追う刑事たち。交通警察も入って、カーチェイスを繰り広げ、一人の少年をつかまえるが、この少年は後ろからさすような卑怯なことはしない性格だった。スカイラインを正確に操り、パトカーも振り切って逃げる伝説のドライバー。
結局少年グループのリーダークラスが捕まり、意外な動機がわかる。

刑事をうまく描く。非常に人物表現がよくて、結構たくさんの人が出てくるが、性格まではっきりわかるように書いている。
このシリーズを続けて攻めて見るか。

残照 (ハルキ文庫)
残照 (ハルキ文庫)今野 敏

角川春樹事務所 2003-11
売り上げランキング : 41128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16)) 半夏生―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫) 花水木―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫) 最前線―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫) 警視庁神南署 (ハルキ文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツーリング 富士山静岡空港

先日、今年初めてのツーリングに出かけた。
富士山静岡空港によって、一周してくる50km程度のもの。
その際の写真。
うしろにFDAの飛行機が写っている。
Img_0509


| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛函数

北川 歩実著『恋愛函数』読了
題名に惹かれて。
導入部はすごく面白いミステリーなのかと思ったが、読んでいくにつれて、どうも登場人物が混乱してきて、いろんな意見をいろんな場面でしてきて、さっぱりわからなくなった。最後までどんな動機でどうなったのかがわからなかった。
恋愛函数とは相性診断を科学的にしていったものらしい。実際に相性がいいと言われているカップルとか夫婦とかに様々な二つの図形をみてもらって、どっちが好きかを判断してもらう。その答えをベースに数学的に近似値として高い数字をはじき出してくれる函数を導きだし、それをベースに男女の相性を診断するというもの。それを使った結婚情報サービスのカップルで殺人事件が起きる。函数が高い数字を出したものが実は相性がいいだけではなく。悲劇的な結果を生むのではないかという話が勝手に進んでいって・・・。
まあ、相性が本当に数値化されるのであれば、それは面白いかもしれない。でも、一番の問題は相性がいいと言っているカップルや夫婦がどれだけのものかということだろう。自己申告だとしたら、どちらかがそう思い込んでいる場合もある。相思相愛なんてそうそうあるもんでもなし。
まあ、SFチックでいけばもう少し面白くもなったのではないかと思うけどね。

恋愛函数 (光文社文庫)
恋愛函数 (光文社文庫)北川 歩実

光文社 2008-03-12
売り上げランキング : 378004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
硝子のドレス (集英社文庫) 天使の歌声 (創元推理文庫) 模造人格 (幻冬舎文庫) 真実の絆 (幻冬舎文庫) 長く冷たい眠り (徳間文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅首相 浜岡原発の停止要請 良く言った。

この英断には拍手だ。座布団5枚。あっぱれもあげたい。

『首相、稼働中の浜岡原発4、5号機の停止要請』(朝日新聞)

昨日経産大臣が浜岡原発の視察に来て、実際に見ていって、静岡県知事とか地元の市長とかと話をしていったのだが、その報告を聞いて決断したのだろう。
実際に現在稼働している4、5号機を止めたところで、中部電力の送電範囲内の供給能力はそれほど問題はないみたいだ。これも計算してくれている人がいる。ここを参照。

だいたい原発の推進だって今までの自民党政権がやってきたおのを継続しているだけだったんだから、この際大きく見直す必要は大有りだ。国民のために何が大事かを英断したら、この結論は正しいだろう。
これに対して中部電力の社長は即答できないとかいったとか。
今、地震が起きたら、責任取れるのか。中電。
せっかく首相がそういっているんだから、株主が文句言うかもしれないけど、従うしかないだろう。

いやー、菅さん、歴史に名を残すよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間

井上ひさし著『一週間』読了
結局『一週間』を読むのに1ヶ月かかってしまった。
著者の遺作となったわけだが、長編としては昔吉里吉里人を読んだ後、久しぶりに読んだ小説となった。
吉里吉里人を読んだのはたしか大学生ぐらいだったと思うので、すでに30年近く経過している。あの発想はすごいと思った。
今回は第二次大戦終戦後のソ連に抑留された小松修吉という映写技師の話だ。当初は収容所から、日本語新聞社につれてこられて、そこでの話が進むが、収容所から脱走したある人物の話を聞いて脱走記を書くこととなり、その際にその男からレーニンの手紙を託される。それを巡って最後はどたばた喜劇調となるが、やや主題がよくわからなかった。
終戦当時のソ連の収容所の雰囲気はよく出ている。そこに現れる食堂の女将とその娘とか、収容所の所長などうまく人物を描写しているところはさすがに著者の腕だと思われるが、やや冗長な感じもする。
急逝されたのが本当に残念だ。

一週間
一週間井上 ひさし

新潮社 2010-06
売り上げランキング : 14120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
組曲虐殺 父と暮せば (新潮文庫) この人から受け継ぐもの 井上ひさしの言葉を継ぐために (岩波ブックレット) 十二人の手紙 (中公文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女優仕掛人

新堂 冬樹著『女優仕掛人』読了
芸能界の裏側で芸能事務所と所属事務所、マネージャーの動きを面白く描く。
ここまでひどい枕営業はないと思うのだけど、韓国の例?もあるので昔はあったのかと思ってしまう。真実はわからないが。
しかし、インターネットのおかげで最近はすっかりテレビを見なくなってしまった。その結果、TV広告で生きている民放はどこも苦しいのではないか。みんな同じような番組になってしまう傾向はなんとかならないのか。
芸能人だけでやるクイズ番組をみて、何が面白いのか。芸人がまともな答えを出すのがおもしろいのか、それともアホな回答が面白いのか。ニュース解説の延長のような番組も、まともなことを説明しているのにさも全く知りませんでしたというアホな芸能人をみて笑っているこちらも情けなくなる。
どこか民放がつぶれてくれた方が、TVは面白くなるのではないか。それでもTVに昔ほど関心が向くことはないと思われるが。

女優仕掛人
女優仕掛人新堂 冬樹

角川グループパブリッシング 2009-01-30
売り上げランキング : 415098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
枕女優 殺し合う家族 (徳間文庫) ギャングスタ (徳間文庫) 女王蘭 (祥伝社文庫) ミッション (中公文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »