« 吉田拓郎とつま恋と僕 | トップページ | 「I love you & I need you ふくしま」 »

福島第一原発事故と自民党の関係

今日(2011/4/21)菅総理が福島の避難所を訪れた際に、避難されている方から叱責されたようだ。
たしかに福島第一原発の事故後の対応では後手後手に回っている感は否めない。しかし、総じて結果論が多いように感じる。今回のことはみんな初めてのことで、対応マニュアルがない。水素爆発してしまった原子炉建屋を見るのは初めてのはずだ。あのときこうすれば良かったという意見は意味がない。意味があるとしたら、ほかの原発で同じようなことを起こさないことだ。

一番頭にくるのは自民党の対応だ。自分は確かに少し民主党を応援しているところもあるが、自民党の今回の対応はなんなんだ。少しは過去の政治の責任を感じないのか。
過去、共産党の吉井議員がこのような事故を予見した質問を国会でしている。(参考するサイトはここ
吉井議員は京大の原子炉関係の学科を出ているということで専門家だ。その吉井議員が当時の自民党政権にこのような原発事故が起こったとしたらどうするかということを質問しているのだが、それに対しては大丈夫だと宣言している。その際の出席者にはそうそうたるメンバーが出ている。高市 早苗さん、大島 理森さん、片山さつきさんなどなど。
結局原子力発電を進めてきたのは自民党政権でしょ。福島第一原発の建設当時から自民党がやってきたでしょ。そういった歴史をすべて忘れて、今のことだけを問題にする。いま、自民党はあえてしらばっくれているのかもしれないけど、責任の大きなものはあるのだよ。
それを、震災復興には力を貸せないだと。ふざけるな。昔の社会党だって、もっと協力的だった。
今は未曾有の状態なんだ。
いま、首相を替えて誰がやる。スーパーマンみたいな人が出てくるってか。ふざけるなって。そんなやつがいるなら、とっくの昔に総理になっているよ。いまは日本が一つになって復興を進める時じゃないのか。復興にむけて力を出せない国会議員なら、即座にやめてくれ。
今やっているやり方に問題があるなら、ちゃんとやれるやり方を提案せよ。だめだだめだって言うなら、そのへんのオヤジだって言えるよ。実行してからいってみろってんだ。
いっそのこと、国会議員の歳費をすべて返上して復興に当てるって言ってくれた方が役に立つかもしれん。

|

« 吉田拓郎とつま恋と僕 | トップページ | 「I love you & I need you ふくしま」 »

コメント

自民党政府や電力会社が推進してきた、あるいは地方の自治体が誘致してきた原子力発電、しかし、民主党政権も、今は凍結しているが、推進して来たし、地方自治体は現在でも原発の継続を望んでいる。補助金や交付金が魅力なのだ。学者も反省し、陳謝する姿もあるが、ほとんどの研究者は原発の継続を望んでいる。これも補助金や企業の寄付金だ。原発は危険と知りながらも、安全を信じて継続が良いと思い込む。反原発の将来は非常に厳しいものがある。それでも地震国の日本では原発で破滅するかもしれない。

投稿: 風間 効 | 2011/04/26 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/51454416

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発事故と自民党の関係:

« 吉田拓郎とつま恋と僕 | トップページ | 「I love you & I need you ふくしま」 »