« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

当確への布石

高山 聖史著『当確への布石』読了
衆議院議員補欠選挙をモチーフにしたミステリー仕立ての小説。
何年か前の『このミス』大賞?になった作品。そのわりにちょっと話が不明確。
主人公は大学の先生で犯罪被害者の救済活動をしていて、その関係から衆議院補欠選挙に打って出ることにした。当然、党関係の公認候補がいる中での選書は厳しい。いろいろ伏線があると言えばそうなんだけど、実はこの先生自身も犯罪被害者だったのだろうとにおわすところもあるが、その方向に一気に行くわけでもなく、選挙活動の妨害工作を勝手連的な応援、関わる人たちの様々な過去の話が入り組んでいるのはいいけど、途中から九に出てくる登場人物とかでなんだこれって感じになる。後だしじゃんけんみたいな感じかな。
いろいろ詰め込みたくなったので、話としていれ込んだけど、まとまりが付かず、結局おもしろいネタだったのに、損している感じがする。そもそも選挙は裏の話が多くて、ミステリー仕立ての小説にはしにくいのではないかと思う。
ちょっとお勧めするまで行かない作品だな。

当確への布石当確への布石
高山 聖史

宝島社 2007-06
売り上げランキング : 542934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙は何でできているのか

村山 斉著『宇宙は何でできているのか』読了
けっこう話題となった新書。
結構わかってきたのかと思っていたが、宇宙も謎だらけである。ビックバンから136億年たつらしいが、宇宙の膨張がどうなるのかいまだにわかっていない。膨張の速度がやがて遅くなって、今度は収縮に向かうのではないかという説もあったが、現状では膨張が加速していて、あと何億年かたつとわれわれを形作っている原子も崩壊してしまうという説もあるとか。
この本で、宇宙の成り立ちから今日までとその後のことを調べるのに、原子の源、素粒子を研究しないといけないということは非常に面白かった。その昔、ブルーバックスで素粒子の話は読んでいたが、その頃はクオークがもっとも小さい単位だった気がするが、その後も研究が進んで、様々な種類があることがわかってきた。謎はつきない。非常におもしろい。
何年か後に、この研究の続きをまた読んでみたい。

宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)
村山 斉

幻冬舎 2010-09-28
売り上げランキング : 389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成22年度 焼津市ウォーク大会(大井川)

大井川保健センターで開催する焼津市ウォーク大会に参加してきました。
かみさんが最近海岸で歩いているので、その関係で誘われて参加しました。コースはA:7.7kmとB:4.4kmでそれぞれに普通歩きとゆっくり歩きのチームに分かれていました。初回参加なので、Aのゆっくりで参加。ちなみにAの普通が一番多く、その次がBの普通だった。全部で200名ぐらい。自分が参加したAのゆっくりは14名とたぶん一番少なかった。
コースの写真はこれ。
Imgp0312_2

出発して、30分ほど後の様子。画面真ん中の赤いジャケットがかみさん。
Imgp0308_2

途中休憩時の公園で撮影
Imgp0310_2

月の砂漠の発祥地とか。全国どこでもあるとか一緒に行ったおじさんが言っていた。

当日の海岸の様子。
Imgp0311_2

ちょっと天気が悪くて、富士山も拝めなかった。天気がよければ、結構きれいに富士山も見える。

さすがに普段歩かない人間が7キロ以上も歩くと最後はバテバテだった。2時間半ほどかかり終了。記念品として水と軍手をもらい解散。
ちょっと疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメ 買い替えました。(Powershot SX130IS)

いままでペンタックスのE90を使ってきました。まあ、それほど不具合もなく使ってきたのだけど、最近の高性能デジカメを目にすると買い替え気分が高まってきて、ついに買ってしまいました。
今回買ったのは、CanonのPowershot SX130ISです。割とこだわりがあって、単三電池で使えるというのが一つの大きな条件。これは専用電池で電池切れを起こして撮れなかった経験からです。旅先で電池切れなんか最悪。その点、乾電池仕様であれば、おそらく世界中どこでも大丈夫だろうということで。
カカクコムなどを調べて、評価の高いものということでこれにしました。光学12倍ズームも評価したところ。結構コンパクトでいい感じ。しかもマニュアル設定も出来る。使えるかどうかわからないけどね。
価格もアマゾンが一番安かったから、アマゾンで購入したけど、驚いたのがその処理時間。土曜日の9時過ぎに注文入れて、11時過ぎには発送の連絡メールが届き、日曜日の午前中には配達完了という早さ。特別に速達扱いしたわけではないのだけど。恐るべし、アマゾンの物流システム。

Canon デジタルカメラ Powershot SX130IS ブラック PSSX130IS(BK) 1210万画素 光学12倍 光学28mm 3.0型液晶Canon デジタルカメラ Powershot SX130IS ブラック PSSX130IS(BK) 1210万画素 光学12倍 光学28mm 3.0型液晶

キヤノン 2010-08-26
売り上げランキング : 150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極北クレイマー

海堂 尊著『極北クレイマー』読了
北の方にある架空の市の市民病院に赴任する非常勤医師で外科部長を主人公とする医療問題を取り上げた小説。結構いろいろな医療問題がでてくる。
医療事故を疑われる妊婦の出産時の死亡事故、市民病院そのものの収支の問題、そもそもの医師派遣の問題などなど、現代の医療を取り巻く課題、問題を表している。最終的に市が再建団体に陥ることから、市民病院も再建しなければならなくなり、再建のプロが派遣されてくるところで終わる。
著者は勤務医をしているということで、いろいろ現場での苦労や問題をうまく小説としてまとめているとおもう。なかでも、直接問題としていないがメタボ対策については自分もうなずいてしまった。毎年の検診で指標に基づくとメタボ対策が必要という通知が来て、検査をせよということで無料だったので受けたが、結局血液検査をして終わりだった。何の意味があるのか分からないけど、これが厚生労働省の施策だったとか。メタボッタクリとはいい表現だ。
今の医療は崩壊の危機にあるのが現実だろう。それも、本来必要であるはずの救急救命がコンビニ受診と同じようになってしまっている。医者も人間だと言うことを理解しないといけない。
なんかの折に夕張市立総合病院を引き継いだ夕張希望の杜のことを目にして、メルマガを購読している。実際に崩壊した医療現場を正常化するのは並大抵な努力ではない。周りの地域住民を巻き込んでやっていかなければ実現できないのだと改めて感じている。しかし、過去、箱もの行政でいろいろなものを作って、その後のことも考えずに破綻させてしまった人たちには責任を取れと言いたい。
◎夕張市立総合病院を引継いだ「夕張希望の杜」の毎日


極北クレイマー極北クレイマー
海堂 尊

朝日新聞出版 2009-04-07
売り上げランキング : 3345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラッカーと会計の話をしよう

林 總著『ドラッカーと会計の話をしよう』読了
一緒に働いている山田さんから借りて読んだ。
林さんは会計の専門家だ。著書も多い。『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』とか『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』などの会計の本を書いている。
今回はドラッカーに学ぶ会計の話だ。ドラッカーは20世紀を代表する知の巨人と呼ばれている人。経営学でいくつもの著書がある。最近では『もしドラ』で一躍有名になった。
そのドラッカーが経営学の本の中で書かれた会計に関する経営に対する視点を解説してくれる。
興味がある人なら、2時間あれば読み切れる。傾いたレストランの経営者が偶然乗り合わせた大手スーパーの経営者と成田からロサンゼルスまでの飛行機の中での語り合いで経営における会計を教えてくれる。そのなかでドラッカーの著書の中の言葉をいろいろ引用している。ドラッカーの言葉は非常に重みがある。『もしドラ』でもでてきた様々な言葉は心に響いた。翻訳者も非常に言葉使いがうまい。
この本は経営を志す人はみんな読んだ方がいい。

ドラッカーと会計の話をしようドラッカーと会計の話をしよう
林 總

中経出版 2010-09-22
売り上げランキング : 6750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相退陣と引き換えに公明党に協力を求めた?

民主党の某幹部がこんなことを公明党に話をしたとか。
『「首相退陣と引き換えに協力を」民主幹部、公明に打診』
空いた口が塞がらん
何をやっているのか。
菅総理をやめさせて、誰にやらせるというのか。小沢さんか?前原さん?まさか口の軽い鳩山さんじゃないだろう。
そもそもこんな提案を勝手にした某幹部って誰なんだ。

予算や予算関連法案を通すためなら、首相のクビは替えていいのか。
いっそのこと、衆議院解散、総選挙でもいいのではないか。ここまで馬鹿にされたら、菅総理もやってられないだろう。選挙で小沢派を落選させればいいのだ。決して自民党を勝たせてはいけないが。
日本は完全に袋小路に入ってしまった。この借金を責任を取れ。主に自民党だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見えない復讐

石持 浅海著『見えない復讐』読了
大学という学校法人に対して復讐をするという連作短編ミステリー
発想はおもしろいと思う。大学の事務員が自殺してしまうが、その原因が大学の理事たちが裏金作りをしていたことだと言うことを知り、大学生だった主人公たち3人が大学という法人に対して復讐する。最初は大学の評判を落として、大学の経営を苦しくすることで復讐させようとしていた。また、自殺の現場となった大学の非常階段で自殺が起きないようなことをしてみたり。なんか、ちょっとピンと来ない。
その後、ベンチャー企業を立ち上げて、そのもうけで復讐をすることを考える。あとベンチャーに投資してくれるエンジェルも巻き込んで・・・。じつはそのエンジェルも大学に復讐心を持っていた。
この辺りから、さらにわからなくなる。最後がもっとわからない。結局理事たちを別荘で殺すことになるのだが、すっきりしないなぁ。
ちょっとこのもやもや感はどうしたらいいのだろう。

見えない復讐見えない復讐
石持 浅海

角川書店 2010-09
売り上げランキング : 255344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うんざりする 民主党小沢派

会派離脱だって。
見苦しい。
そんなにいやなら、民主党を離党せよ。
離党して会派離脱せよ。

民主党にいて、倒閣運動ってありえない。
完全に自民党化しているよ。

おまけに空気読めない鳩山前首相。
すでにあなたの時代は終わった。
はやいとこ、引退しなさい。もしくは話をするのをいっさいやめなさい。
情けない。日本人の恥だ。

あー、いろいろ腹が立ってきた。
今の国会議員はみんな日本の恥だ。
とっととやめろ。衆議院解散でもいい。
でも、自民党政治に戻るのだけはいやだ。
借金返さない国会議員はだめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警官の紋章

佐々木 譲著『警官の紋章』読了
北海道警察シリーズの第三弾。
シリーズの前の本を読んでいないとわからないことが多い。うたう警官(文庫化にあたり笑う警官と改称)で北海道警察の汚職を告発した事件をもとに、その2年後に最初の事件で自殺した警部の息子(今は巡査)が失踪する。父親の自殺の原因が元本部長にあるということで、その狙撃を狙ってのこと。
このことが洞爺湖サミットの警戒で大忙しの状態で起きる。また、別方面では2年前に立件寸前まで行った事件が握りつぶされた件を再度調べていた刑事が同じ元本部長が鍵を握るということがわかる。どうも、最後に大団円となるシリーズ第四作目をねらったつなぎ作品のような気もしてくる。そうだとしたら、早く次が読みたくなる。

警官の紋章警官の紋章
佐々木 譲

角川春樹事務所 2008-12
売り上げランキング : 114619

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界でいちばん長い写真

誉田 哲也著『世界でいちばん長い写真』読了
著者と題名で選んだ。そもそも世界でいちばん長い写真ってなんだって感じで。
登場人物は中学三年生の男子生徒。幼稚園からの同級生が引っ越しでいなくなって、ちょっと無気力になっていたところに、360度回転するカメラを見つけて、それでひまわり畑を撮影したら、思いのほかいい写真が撮れた。さらに改良されたカメラを借りて卒業記念に世界一長い写真を撮ることになる。その長さ150m。13回転させて、毎回いろいろなコスチュームや動きを変えて変化を付ける。
実際にあった話をモチーフにしているらしい。ギネスに載っているとか。確かに1枚の写真で150mものものを撮るってすごいことだな。今ならビデオになっちゃうのだけど、それじゃあ面白くないということだろう。写真は一瞬を記録するものだから。
そういったドキュメンタリー的なところだけでなく、中学3年という背景に青春小説的なところもいい。けっこう面白い小説だ。

世界でいちばん長い写真世界でいちばん長い写真
誉田 哲也

光文社 2010-08-19
売り上げランキング : 121604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信長の棺

加藤 廣著『信長の棺』読了
たまたま図書館で見かけて、題名に惹かれて読んだ。実際には最初に『明智佐馬助の恋』を手に取ったのだけれど、三部作だということでその1作目からにしようということで。
最近歴史小説は読んでいなかったし、日本史は高校でも習ったが、近世はあまり興味もなかった。この小説は本能寺の変のあと、信長の遺体が見つからなかったというミステリーの謎解きを行う形となっている。
主人公に『信長公記』を書いた実際の人物太田牛一をあてている。信長公記を書いた後で、信長の謎を追う形になっている。ただ、ほかの書評でも出ているが、前半のテンポのいい流れから、後半の謎解きを阿弥陀寺の元僧侶に語らせるところから、どうも読み進めるのが難しくなる。ちょっと力が入りすぎているのではないかと思う。
でも、ストーリーとしては面白い。謎解きとしてもいい線行っているかもしれない。本能寺の変で焼き討ちされて、その後の調べで信長の遺体が見つからず、それが阿弥陀寺との間の抜け穴にあり、それを阿弥陀寺で埋葬したという話はなんとなく筋が通っている気がした。当然証拠はないのだろうけど。
さて、この続きも読まねば。

信長の棺信長の棺
加藤 廣

日本経済新聞社 2005-05-25
売り上げランキング : 106573

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもきたぞ 迷惑電話

マンションで資産形成だかなんだかで、夜九時に電話書けてくるなよ。
たしかアルファとか名乗っていたと思うけど。
着信番号は03-6691-3616だよ。
だいたい、電話で勧誘する時点でだめでしょ。
話を聞かなくて、切ったらまたすぐ電話掛けてくるし。

いくら仕事がなくたって、こんな仕事に就いちゃあだめだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマルフィ

真保 裕一著『アマルフィ』読了
映画化された原作本。
あとがきにあるが、当初から織田裕二主演で書かれただけあって、主人公の動きはすばらしい。まさに織田裕二を描いている。映画は見ていないのだが、ほかのキャストとして誰がふさわしいのかを考えて、新米の女外交官に戸田恵梨香はまさにドンピシャという感じ。
お話はイタリア旅行中の日本人親子のうち、9歳の女の子が誘拐されるところから始まる。誘拐犯を捜すうちに、イタリア最大の警備会社の中枢であるオペレーションルームに入ることになるが、これがそもそもの犯人たちの目的だった。実際に狙っているのはロシアから来た外務大臣。背景にはチェチェン紛争で殺された家族に対する復讐があった。
原作だけを見ていると、けっこうおもしろいサスペンス映画になると思うのだが、DVDの評価を見ると全編イタリアロケが日本人が撮ったために駄作になったとか書かれている。そのうちにテレビでやってくれると思うので、そのとき見てみたい。

アマルフィアマルフィ
真保 裕一

扶桑社 2009-04-28
売り上げランキング : 17114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

ポニーキャニオン 2010-01-01
売り上げランキング : 1844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この国。

石持 浅海著『この国。』読了
一党独裁の某国を舞台に治安警察と反体制派の小さな戦いを描くミステリー短編集。
某国という仮想の状況のお話なのだが、けっこうおもしろい。死刑執行の場面や売春婦として他の国から出稼ぎにきた女、高校卒業時にふるいにかけられる少年たちなど、ちょっと日本とは違うようで、同じ状況を描いている。石持さんの小説のなかでは、ちょっと異色かもしれない。でも、十分に楽しめる。

この国。 (ミステリー・リーグ)この国。 (ミステリー・リーグ)
石持 浅海

原書房 2010-06-10
売り上げランキング : 377108

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼津市 市会議員選挙関連

すでに選挙戦3日目ですが、いまだに近所の掲示板にポスターを貼っていない候補者もいます。
やる気がないのか、手が足りないのか、お金がなくてポスターまで出せないのか。たしか、ポスターなんかはある程度の枚数までは公費助成されるのではなかったかな。
ちなみに”焼津市 市会議員”でGoogle検索しても、なかなか今回の候補者のページにはたどり着けません。
いろいろ調べたところ、新人3名のブログを発見しました。
岡田みつまさ さん
ひろせ武久 さん
秋山ひろこ さん
公職選挙法の関係で、選挙期間中の更新は出来ないので、過去情報しかありませんでしたが、なかなかおもしろい。
他の人のページは見つけられませんでした。もし、情報ありましたら、コメントください。
元職とか県会議員になってしまった人たちのページは見つけました。たとえばこことか。
こういった活動は市会議員には必要ないということなのか。所詮ドブ板選挙でなければ勝てないということなのかな。お年寄りはたしかにネットに近くはないと思うけど、いわゆる勤労者世代はネットで情報を得ていると思うのだけどね。
ちなみに上記3人は先日の公開討論会に参加していた方々。当選できるんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »