« ナンバーズ Wゾロ目 | トップページ | 焼津市 市会議員立候補予定者公開討論会−2 »

焼津市 市会議員立候補予定者公開討論会

1/28 焼津市市会議員立候補予定者公開討論会が文化センターで開催された。
興味があったので、仕事を早めに切り上げて参加した。
立候補予定者の参加者は6名。今回予定者は26名いるということなので、なかなか低い参加率。まあ、主催者も1月になってから、この会の開催案内をしたということもあり、また、今回初めての試みということもあり、そんな理由で低い出席率になったものと思われる。6名は以下の通り。
尾石昭夫さん:現(公明党)
秋山ひろこさん:新?
青島さん:元?
鈴木浩己さん:現(公明党)
岡田さん:新
広瀬さん:新?
(たぶんこれで正しいと思いますが、間違っていたらごめんなさい。)

一方、聴衆の市民は新聞報道によれば200名くらい。小ホールが結構埋まっていた状況からそんな感じか。
コーディネータに市内在住の坂本教授(法政大学大学院)を迎え、それぞれ同じ質問を2分程度の時間で回答していく形式だった。
質問内容としては
1)焼津市の活性化の方策は?
2)市会議員の数は適正か?(今回の選挙で21になる)
3)市会議員の報酬は適正か?(年収で600万くらいのはず。):手取りにすると19万円/月になると尾石さんは言っていた。
4)議会の土日、夜間開催はどうか?
5)議員の活動報告が少ないのではないか?
6)志太合併についてどう考える
7)市立病院の経営の問題について

約1時間半の会だったが、質問に対する回答形式だったので、とても討論という感じではなかったが、それぞれ意見を持っていることを聞けたことはよかった。ただ、準備不足、時間不足。聴衆から質問も出来なかったことも不満。(まあ、公職選挙法の規定もあると言っていたが。)
市民の参加者もお年寄り(失礼:私より年長者)がほとんどで、まあ、この方々は普段から市政には関心があるから、こういった場にも参加するだろうが、サイレントマジョリティである勤労者世代の参加が少ないことは効果も薄いのか。
明日から選挙戦になる。そうするとまら、宣伝カーによる連呼が始まるのか。そういう形式の選挙から、抜け出すことはないのかしら。

|

« ナンバーズ Wゾロ目 | トップページ | 焼津市 市会議員立候補予定者公開討論会−2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/50716278

この記事へのトラックバック一覧です: 焼津市 市会議員立候補予定者公開討論会:

« ナンバーズ Wゾロ目 | トップページ | 焼津市 市会議員立候補予定者公開討論会−2 »