« 流星の絆 | トップページ | ボーダー―ヒートアイランド〈4〉 »

ダイイング・アイ

東野 圭吾著『ダイイング・アイ』読了
冒頭に交通事故の場面があり、そこから展開するが、いきなりその記憶が欠落した主人公が現れる。ちょっと前後の動きがよくわからないまま、読み進めるが、中盤以降はどんでん返しの嵐。まあ、ミステリーとしてはいい線いってる。
結局、催眠術というか目力というか、最初の交通事故の被害者の最後の思いが加害者側に残って、それでもって何人かが亡くなるというストーリーはちょっと無理があるかと思うけど、一気に読ませる文章力はさすが。
東野さんの小説は本当にはずれがない。

ダイイング・アイダイイング・アイ
東野 圭吾

光文社 2007-11-20
売り上げランキング : 11595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 流星の絆 | トップページ | ボーダー―ヒートアイランド〈4〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/50280963

この記事へのトラックバック一覧です: ダイイング・アイ:

« 流星の絆 | トップページ | ボーダー―ヒートアイランド〈4〉 »