« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

国境事変

誉田 哲也著『国境事変』読了
刑事と公安警察、対馬の国境警備などを含めた平和ボケした日本を表した警察小説。
とても武士道シリーズを書いた同じ著者の作品とは思えないが、警察関係の小説は書いている。
今回は在日朝鮮人を絡めた北朝鮮関連の核を扱った小説になっている。対馬で不審なゴムボートの残骸が見つかり、韓国系の怪しい二人組が人探しをしているところから始まる。そのころ、東京で会社経営の在日朝鮮人が何者かに殺害され、そして、それをとりまく警視庁の刑事、公安警察が犯人を追う。
なかに小型核爆弾のことがあり、少し調べてみた。はるか昔にアメリカの大学生が卒業論文で原子爆弾の製造方法を作成し、物議を醸し出したが、すでにインターネット上ではいろいろな情報がでている。たとえばこれ。簡単に書くとサッカーボールくらいの大きさのプルトニウムをメロンだったかゴルフボールくらいに圧縮(爆縮というらしい)して核反応を持続的に起こさせてしまうのが原子爆弾といわれているものの原理だが、これをきれいに圧縮するのが難しい。だから、一生懸命実験を重ねて、いつでもちゃんと爆発するように技術開発にしのぎを削るのだ。北朝鮮が核実験を行って、当初目標の1/4しか威力が出なかったといわれているらしいが、そんなもんだろう。でも、ちゃんと臨界に達したのならすごいことだ。
これが海の向こうの隣の国でやられていることはある意味大変な脅威。いつ攻めてくるかもしれない恐怖はなんとかならないかと思ってしまう。暴発しそうなのを手をこまねいているだけでは国民は守れないのではないか。

国境事変 (中公文庫)国境事変 (中公文庫)
誉田 哲也

中央公論新社 2010-06
売り上げランキング : 25052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴雪圏

佐々木 譲著『暴雪圏』読了
北海道の片田舎で地嵐の日に起きるいくつかの事件が相互に絡まって・・・
いろいろ考えさせられる事件もあるのだが、それがちょっと多すぎて絡みすぎて消化不良の感もある。暴力団の組長の自宅を襲って現金を奪う強盗とか、それの逃走のなかで結局二人ともその後の事件や事故に巻き込まれてなくなってしまうのだが、本来であればこれも単独で長編小説にしてもいい内容。あと、出会い系からお金をゆすられる主婦の話だって、うまく持っていけばいろいろつなげられるだろうにちょっと残念な気もする。
まあ、一つの大きな流れの中でエピソードがいくつもあるという形でうまくまとめられているということは確か。読んでいて話に破綻がこない。安心して先が進められる。
落ち着いてじっくり読む方がいいだろう。

暴雪圏暴雪圏
佐々木 譲

新潮社 2009-02
売り上げランキング : 149240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土井徹先生の診療事件簿

五十嵐 貴久著『土井徹先生の診療事件簿』読了
警察署副署長と獣医が事件の謎を解くミステリー短編集。
主人公は女性の警察署副署長。国家公務員1種を取り、警察庁にはいったキャリアの女性がとある警察署の副署長に任命される。実は父親が警察官で殉職をしている。敵を取ろうとかそういう熱血の感じではなく、なんとなく警察署の副署長になってしまって暇を持て余している主人公がたまたま知り合った動物と会話が出来る獣医といっしょになって謎を解決するという短編。
なかなか設定は面白い。確かにキャリアの最初は副署長とかに配属されて、警察署の全体の動きを勉強するとか聞いているが、暇なんだね。(これが本当がどうかわからないけど。)暇な副署長と獣医という組み合わせも面白い。たいした謎ではないけれど、よくまとまっている。最後の謎が途中になっている感じがあるので、これを膨らめて長編とかを書こうとしているのかな。面白いと思う。

土井徹先生の診療事件簿土井徹先生の診療事件簿
五十嵐 貴久

幻冬舎 2008-11
売り上げランキング : 134103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八月の魔法使い

石持 浅海著『八月の魔法使い』読了
相変わらず、論理ミステリーで人殺しのいないミステリーですばらしい。
今回は企業もので8月の暑い一日の取締役会が舞台。派閥争いと役に立たない役員を引きずりおろすために工作にまんまとはまる役員たち。まんまと3人の取締役が失脚するストーリーをたて、その通りとなる。
ただ、ちょっと論理的すぎるので、読んでいると若干眠くなるかもしれない。展開はスムーズだと思うけど。
毎回石持さんのミステリーはすばらしい出来。今後の作品にも期待したい。

八月の魔法使い八月の魔法使い
石持 浅海

光文社 2010-07-17
売り上げランキング : 121632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[小説]フェルマーの最終定理

日沖 桜皮著『[小説]フェルマーの最終定理』読了
フェルマーの最終定理の証明の方法を時系列で表しながら、解説を小説風に表した小説。
まあ、流れはいいんじゃないかと思う。片山ー志村予想を証明したことや、岩沢理論によって最終的に証明が完成されたことなど、日本人が関わっていたこともしっかり入れて、(日本の小説なんだから当然といえば当然)ポイントは押さえている。
もうちょっとストーリーがうまかったら、読み物としてもいいのだけど、ちょっとサイドストーリーがいまいちだった。高校生等が読むのならいいのかもしれない。

[小説]フェルマーの最終定理[小説]フェルマーの最終定理
日沖 桜皮

PHP研究所 2010-03-20
売り上げランキング : 127344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーダー―ヒートアイランド〈4〉

垣根 涼介著『ボーダー―ヒートアイランド〈4〉』読了
垣根さんの久しぶりの小説。
今回はヒートアイランドから始まるシリーズの大本の『雅』グループのその後を描いている。おまけにデビュー作となった『午前三時のルースター』の登場人物も出てくる。ここで、この人たちを出しちゃっていいのって感じの豪華な登場人物。しかし、シリーズ第一作を読んでいないとわからないので、この際だからシリーズを全部順番に読み直した方がいいかもしれない。
『雅』グループのナンバー2が主人公。ひょんなことから、前と同じようなファイトクラブを開催しているナイトクラブにいったことから始まる。それが単なるまねもので、しかも暴力団が絡み、さらに賭けもしていた。これはなんとかしなければということで、昔のナンバー1を探し出して、叩きつぶすことに。ここで、このシリーズの裏家業のチームが出現する。
まあ、考え様によってはこのシリーズをさらにつなげるために、今回の登場人物を出したということもあるかもしれない。これで、このシリーズを終わりにしたいということもあるかもしれない。個人的にはつなげてほしいなぁ。

ボーダー―ヒートアイランド〈4〉ボーダー―ヒートアイランド〈4〉
垣根 涼介

文藝春秋 2010-04
売り上げランキング : 132956

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイイング・アイ

東野 圭吾著『ダイイング・アイ』読了
冒頭に交通事故の場面があり、そこから展開するが、いきなりその記憶が欠落した主人公が現れる。ちょっと前後の動きがよくわからないまま、読み進めるが、中盤以降はどんでん返しの嵐。まあ、ミステリーとしてはいい線いってる。
結局、催眠術というか目力というか、最初の交通事故の被害者の最後の思いが加害者側に残って、それでもって何人かが亡くなるというストーリーはちょっと無理があるかと思うけど、一気に読ませる文章力はさすが。
東野さんの小説は本当にはずれがない。

ダイイング・アイダイイング・アイ
東野 圭吾

光文社 2007-11-20
売り上げランキング : 11595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流星の絆

東野 圭吾著『流星の絆』読了
ミステリーとしては申し分ない。
主人公は両親を殺された兄弟と妹で、詐欺を働いて小金を稼いでいた。ひと勝負に出ようとした事案で、両親を殺された夜に見かけた男に出会う。
犯人かどうかがわからないまま、なんとか警察を動かして、逮捕させようとするがうまくいかず、結局意外なところから真犯人が出てくる。
ちょっと終わりのところが唐突だったが、ミステリーの仕立てとしては完璧。
最近ドラマにもなったはず。いっさい見ていないけど。ドラマにするにも楽だっただろう。原作が良ければ。

流星の絆流星の絆
東野 圭吾

講談社 2008-03-05
売り上げランキング : 1611

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイの天使

メルヴィン バージェス著『メイの天使』読了
どこかで薦められたので、図書館で借りて読む。しかも図書館の閉架書庫に保管されていた。どこで薦められたのだろう。どこかの書評だと思うけど。
タイムスリップものなのだけど、当然ながらそれだけではない。現代の少年が、ある打ち捨てられた農場の暖炉を入り口に第二次世界大戦当時の同じ場所にタイムスリップする。そこで、メイという名の少女と出会う。2、3日暮らした後に、元の世界に戻るのだが、過去の世界でであった人たちの50年後に出会ってしまう。そして、メイとも再会するのだが・・・
何とも不思議な小説だ。なぜ、これを読もうと思ったのか。書評がすばらしかったのか。SFものだからかね。
まあ、単なるSFのタイムスリップものでないちょっと光る小説であることは確か。

メイの天使メイの天使
メルヴィン バージェス Melvin Burgess

東京創元社 1997-04
売り上げランキング : 663786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »