« インビジブルレイン | トップページ | ふたりの距離の概算 »

キング&クイーン

柳 広司著『キング&クイーン』読了
チェスの世界チャンピオンとそれを守る元SPの物語。
チェスのすごさがわからないとなかなか付いていけないかも。日本人にとってはチェスより囲碁将棋だろうからね。
ひょんなことから仕事を辞めた女SPがこれまたひょんなことからチェスの元世界チャンピオンの護衛を行うこととなり、自分も襲われながらもなんとか仕事をはたしていく。端端に面白そうなところはでてくるのだけれど、ちょっと消化不良かな。
この登場人物は魅力的なので、このあとも期待できるのではないかと思う。

ちなみにチェスは取られた駒の復活が出来ないので、手数には限りがでてくる。その点でコンピュータでの計算もなんとかおさまる可能性はあるだろう。そのうちに人間とコンピュータの戦いではコンピュータに勝てなくなってしまうだろう。(この小説はそういった話を扱っているわけではない。)

キング&クイーン (100周年書き下ろし)キング&クイーン (100周年書き下ろし)
柳 広司

講談社 2010-05-26
売り上げランキング : 65239
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« インビジブルレイン | トップページ | ふたりの距離の概算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/49698171

この記事へのトラックバック一覧です: キング&クイーン:

« インビジブルレイン | トップページ | ふたりの距離の概算 »