« 不正な処理 | トップページ | インビジブルレイン »

ソウルケイジ

誉田 哲也著『ソウルケイジ』読了
ストロベリーナイトに続くシリーズ第二作。
こちらの方が筋が通った刑事物になっている。
軽自動車に残された手首から物語は始まる。被害者と犯人の偽装があるのだが、途中でだいたい話はわかってしまう。わかってしまっても落ち着いて読めるのはこの登場人物の描き込みがしっかりしているからだろう。
もう一つのテーマとして『父と子』がある。こちらも重い。今の世の中をよく映し出しているのではないかと思う。
警視庁の女デカを主人公に当てたシチュエーションはうまく機能している。これが第二作。次も期待できる。

ソウルケイジ (光文社文庫)ソウルケイジ (光文社文庫)
誉田 哲也

光文社 2009-10-08
売り上げランキング : 15621
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 不正な処理 | トップページ | インビジブルレイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/49698077

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルケイジ:

« 不正な処理 | トップページ | インビジブルレイン »