« ふたりの距離の概算 | トップページ | 手嶌 葵 『流星』を歌う。 »

シンメトリー

誉田 哲也著『シンメトリー』読了
姫川玲子シリーズの短編集。
案外短編もいいじゃんと思ってしまった。やっぱりこのキャラが生きているのだと思う。
それぞれいい話なのだけど、題名となっているシンメトリーは左右対称の意味で、死体がまっぷたつに分かれてしまった状態、要は魚の開き状態になった事案。こりゃちょっと出来過ぎ。
あと、別の話の中ででてくる援助交際をしていた高校生に説教たれるシーンは良かったね。ヘリクツを述べる女子高生に対して真っ向法律で説教は面白い。罪の意識をわからせるいい話だ。
短編集もいい出来なので、引き続き短編でも書いてほしいね。

シンメトリーシンメトリー
誉田 哲也

光文社 2008-02-21
売り上げランキング : 28180
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ふたりの距離の概算 | トップページ | 手嶌 葵 『流星』を歌う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/49712722

この記事へのトラックバック一覧です: シンメトリー:

« ふたりの距離の概算 | トップページ | 手嶌 葵 『流星』を歌う。 »