« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

ガール・ミーツ・ガール

誉田 哲也著『ガール・ミーツ・ガール』読了
『疾風ガール』の続編。
バンドをやめ、正式に芸能界にはいった主人公の少女が、新たな音楽の道を目指していく姿を描く。
前作はちょっとミステリーっぽくなっていたところもあったが、今回は熱血青春小説だ。
芸能界もことも織り交ぜつつ、登場人物が生き生きと描かれている。一気に終わりまで読ませてくれる。よかった。きっと彼女は大成功するだろう。この続きはないのか。
まあ、がんばっているといいことがあるということだろう。

ガール・ミーツ・ガールガール・ミーツ・ガール
誉田 哲也

光文社 2009-04-21
売り上げランキング : 25515
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疾風ガール

誉田 哲也著『疾風ガール』読了
武士道シックスティーンの著者つながりで読んだ。
さわやかな青春小説。ちょっとミステリーの要素もあり、秀作。
主人公は19歳のロックバンドのギタリストの女の子。同じバンドのボーカルの男が急に自殺してしまい、その実家への旅に出る。実家では父親だけがおり、母親と姉は過去に交通事故で亡くなっており、その事故をずっと引きずっていた。
結局自殺の理由は明確ではないが、この事件を通して主人公の女性が成長し、より上の音楽の世界を目指すこととなる。さわやかな読了感だ。ちなみにカバーの女性は中の森バンドの人。すでに中の森バンドは解散したはず。この子とかぶる部分があるのだろうか。
続編もあるようなので、読みたい。

疾風ガール疾風ガール
誉田 哲也

新潮社 2005-09-29
売り上げランキング : 375331
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛妻

安達 元一著『痛妻』読了
たまたま図書館で手に取った本。題名と表紙の絵で。
題名に出てくる恐妻はどちらかというと横にいる感じで、本の主題は芸能事務所の新人と社長の話。
予定調和のように、最初の所属事務所でマネージャをしていた主人公が社長とけんかして事務所を解雇され、アイドルを伴って事務所を設立するが、元の事務所の横やりで仕事を干される。
そんななかでオーディションで実力を発揮して、芸能界に戻るという話。
業界話をしては面白いのかもしれない。でも、ちょっとひねりがない。テレビの原作としてはいいかもしれない。演技派の女優を持ってくれば、視聴率はとれるかな。

痛妻痛妻
安達 元一

幻冬舎 2009-12
売り上げランキング : 369324
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武士道シックスティーン

誉田 哲也著『武士道シックスティーン』読了
映画化された原作。
女子高校生の剣道部員の1年をえがいた青春小説。
登場人物が非常に個性的で、話に入り込んでしまう。前半は剣道を勝負にこだわり、勝ち負けを生き死にと重ね合わせて試合に没頭している主人公が、途中で目標を見失い、剣道がなんだかわからなくなってしまう。でも、周りの友達や先生、兄、父親のアドバイスでまた剣道に打ち込んでいくようになる。
非常に読了感もさわやか。
映画では成海璃子さん、北乃きいさんが登場人物を演じているとか。非常に楽しみ。成海璃子さんの剣道ってどうなんだろう。凛々しいとは思うけど。
ちなみに続編がすでに2冊でているらしい。追いつけるか。

武士道シックスティーン武士道シックスティーン
誉田 哲也

文藝春秋 2007-07
売り上げランキング : 21715
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちは夜と遊ぶ

辻村 深月著『子どもたちは夜と遊ぶ』読了
上下巻ある長いミステリーだった。久しぶりに連続殺人のミステリーを読んだ気がする。ちょっと人が死にすぎる。
主人公たちは大学生だ。見立て、連続、犯人は二人、交互に殺人といったちょっとあり得ない構図だが、それほど深刻さがないのが不思議な感じ。
二重人格とかいろいろでてくるけど、どうも主題がよくわからない。これでなにを表現したいのか。連続殺人でいいでしょはないよね。
ちょっといただけないかな。長い割にスラスラ読めるのはいいのだけど。

子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)
辻村 深月

講談社 2008-05-15
売り上げランキング : 179220
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »