« 骨の記憶 | トップページ | 2010年 シンガポール旅行記(その2) »

2010年 シンガポール旅行記(その1)

シンガポールに旅行に行ってきました。今年は以下のような理由で海外旅行になりました。
・銀婚式を迎える。
・かみさんが仕事を退職した。
・一番下の子供が高校を卒業した。
いろいろ手もかからなくなったし、片方の仕事の都合で休みの心配をしなくて良くなったので、せっかくなのでなるべく安く遠くに行くということでシンガポールになりました。
今回は日本旅行のパックツアーで、二日目三日目が決まっていて、四日目が自由行動。四日目の深夜に帰国便に乗るコースとなった。
まず、初日。朝6:30自宅を車で出発。中部国際空港まで行く。途中休憩をとり、2時間ちょっとで駐車場に到着。ツアー指定の集合時間9:00にギリギリ間に合う。
チェックインを済ませたが、今回のツアーはスターアライアンスのシンガポール航空だったが、ランクの関係でUAのマイレージは付かなかった。スムーズに出発ゲートを抜けたが、ここで忘れ物に気づく。デジカメを自宅に忘れた。仕方なしに免税店でCANONのA3100(この春発売)を買うこととなる。痛い出費だが、旅行から帰ってきたら、オークションで売ってしまえば少しは戻ってくるだろう。
そのカメラで最初に撮ったのが、今回の飛行機。これ。Img_0002


11:00出発。
機内の座席の様子はこんな感じ。
Img_0004


Img_0006

無事離陸した後にドリンクサービスでビールを飲む。
続いて昼食。
Img_0005


Img_0007


現地時間16:20頃到着。トラムでターミナルを移動。
Img_0008


Img_0009


空港の両替で当座のお金を替える。この時のレートは10,000円が151.5シンガポールドルだった。
現地の案内人リリーさんと合流し、宿泊先THE Regent Singapoleに到着。
もともと予約してあったマッサージに行く。お店はチョウチョウサンのファーイースト店。JTBシンガポールで予約をしてあった。
マッサージの風景とお店の写真はこんな感じ。マッサージしている最中に日本から電話があってあせった。
Img_0010


Img_0011


このお店にこのあと3回も行くことになった。(あとで書きます。)
足、肩マッサージだったが、腰もやったらどうかと勧められて、追加料金でやってしまう。(いいお客さんだな。)肩から腰をすごい力でマッサージさせられたが、自分でもこりこりするのがわかるところを思いっきり押され、こりこりさせられて、痛いけど気持ちいい感覚。痛い方が強いけど。ここは現地の人も来るショッピングプラザの4階にあるので、観光客だけを目当てにしているわけではないので、まあ料金的には良心的。
その後、食事を取る。オーチャード駅の近くのフードリパブリックに行ったが、さすがに会話もままならないので、その中の中華料理のお店で食事。おかゆと焼きそばを注文した。あとで料金を見ると、ビールの方が料理より高かった。そんなもんです。
Img_0012


Img_0013


食事の後、セブンイレブンでビールとお水を買ってホテルに戻り、就寝。一日目が終わる。

|

« 骨の記憶 | トップページ | 2010年 シンガポール旅行記(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/48687816

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 シンガポール旅行記(その1):

« 骨の記憶 | トップページ | 2010年 シンガポール旅行記(その2) »