« ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | 贄の夜会 »

福家警部補の挨拶

大倉崇裕著『福家警部補の挨拶』読了
和製コロンボをめざしたミステリー小説。短編集。
最初やっぱり違和感があった。確かに刑事コロンボのように、殺人現場が描かれ、それを刑事役が捜査するという形で話は進んでいく。最初の話はぎこちなかったが、その次あたりから、これもありかなという印象を持った。
このシリーズは3冊ぐらい出ているので、けっこう楽しんで読めるかもしれない。
いま、NHKで刑事コロンボを再放送しているが、何度見ても面白い。最初のシリーズは話としては古くなっているし、その当時のけっこう新しい技術(たとえばビデオテープとか、ロボットコントロールとか)を使っているけど、けっして今みても古くさい感じがしない。そもそも技術をどうこうではなく、犯人を追いつめていくという手法を問題としているので。詰め将棋をやっている感覚。

福家警部補の挨拶 (創元クライム・クラブ)福家警部補の挨拶 (創元クライム・クラブ)

東京創元社 2006-06-27
売り上げランキング : 372252
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | 贄の夜会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/47372066

この記事へのトラックバック一覧です: 福家警部補の挨拶:

« ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | 贄の夜会 »