« 今年もリンゴの季節がやってきた | トップページ | 犯罪小説家 »

黒百合

多島斗志之著『黒百合』読了
まいりました。このきわめて良く練られたプロットに最後まで翻弄されました。
結局2、3度読み直すことに。
戦後の六甲山の別荘を舞台に、東京から避暑に来た少年と地元神戸の少年および少女との夏休みの話が主に綴られるが、それに横糸として挿入される話が、ミステリーを形作る。
きわめてよく出来たミステリー。とてもドラマ化しにくいミステリーだろう。
ひさしぶりに出会った珠玉の小説。

黒百合黒百合

東京創元社 2008-10
売り上げランキング : 192698
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 今年もリンゴの季節がやってきた | トップページ | 犯罪小説家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/46919896

この記事へのトラックバック一覧です: 黒百合:

« 今年もリンゴの季節がやってきた | トップページ | 犯罪小説家 »