« RICOH デジタルカメラ GR DIGITALII | トップページ | 膠着 »

2010年度予算案発表

どこもかしこもこの話題だろうけど、気になるものは気になる。
なんでこんな予算でいけるのだろう。
家計に例えるとと言う記事をいろいろな新聞社で出している。たとえば読売新聞はこうだ。
(せっかくだからそのまま転載:ごめんなさい)
ーーーここから
家計に例えると…収入370万、生活費530万

 2010年度予算の政府案について、1兆円を10万円に置き換えて家計に例えてみた。「新・日本政府株式会社」で働くハトヤマさんの暮らしぶりは大きく変化した。

 ハトヤマさんの来年度の年収(税収)は、370万円の見込みだ。今年度は460万円もらえるはずだったが、実際は昨年秋のリーマンショック後の景気低迷で90万円も減った。来年度以降も、給与水準が回復する見通しは暗そうだ。

 一家は高齢で病気がち。医療費(社会保障費)がかさみ、来年度は270万円に膨らむ。家のリフォーム(公共事業)を我慢したが、とても追いつかない。

 ところが理想家のハトヤマさん、「子どもは社会全体で育てるもの」と言いだし、近所の子どもたちにお小遣い(子ども手当)を配ることにした。10年度は合計23万円だが、11年度は倍に増やすつもりだ。結局、生活費(一般歳出)は530万円と過去最高額に達する。

 カードローン(新規国債発行)で440万円借りることにしたが、それでもお金が足りないため、ハトヤマさんは友人のカメイ君にも協力してもらい、妻ミユキさんのヘソクリ(埋蔵金)を探しだした。確保したのは110万円。ミユキさんは「来年はもうないわよ」とカンカンだ。
ーーーーここまで

普通に考えたら、370万円しか収入がない人が、ローンの返済で210万円を支払っているとしたら、すでに借りられないのが常識。それでも440万円も借金をする。借金の総額は6370万円にもなっている。
だいたい使い過ぎだって。370万円しか収入がない人が、930万円も使うってことがおかしい。借金の返済に210万円かかるということでそれはしかたがないけど、だからって借金してもいい訳じゃない。
根本的に収入=税収を増やすか、支払い=歳出を減らすしかない。民主党への期待はそこにあったはずだ。これにはがっかりだ。たしかに半年しかやっていないし、そのまま自民党がやっていたら、もっとひどい予算案かもしれない。だから、今回はしかたがないとするけど、2011年度の予算案がこんなだったら、やめちまえだな。
国会議員をみんなクビにした方がいい。経営陣として失格だからだ。
いっそ、消費税をあげるといってみたらどうだろう。借金を減らすためにしかたがない。国民に痛みを許容してもらうしかないのではないか。そもそも低所得で税金を納めていない人への補助が多すぎる。社会として支えられない状況だ。ひろくあまねく税を取るということからすると、消費税を上げるしかないのじゃないか。
とにかくがっかりだ。来年のビジョンが描けないなら、次の選挙に民主党を支持することは出来ないだろう。

|

« RICOH デジタルカメラ GR DIGITALII | トップページ | 膠着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/47118712

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度予算案発表:

« RICOH デジタルカメラ GR DIGITALII | トップページ | 膠着 »