« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

日本のITコストはなぜ高いのか?

『日本のITコストはなぜ高いのか?』読了
たまたまこの著者の会社と付き合いがあったので手に取った。
どうなんだろう。意見としてはある程度正しいけど。
根本的に間違っているところもある。サービスは無料であるべきという言い方。サービス=無料という意味ではない。例えば専用線などの回線サービスのサービスは”役務”と訳される。決してサービス=無料ではない。それは日本での間違った解釈だ。
ある品質の行為をうけることがサービスであり、当然無償のものもあれば有償でなければ提供できないものもある。
そもそもインターネット上で提供されるサービスが無償であることからおかしくなる。実際には広告というもので利益を得ているから、サービスを提供できているだけであって、かかる費用をもらわなくてもいいサービスはボランティアである。そういったことをごっちゃに考えて、ITサービス(この場合にはシステム保守などを指す)が高いという。確かに意味もなく保守料を取っているものもある。ミドルウェアでは保守料という名で使用料を払っているものもある。基本的に保守料を払っていないと、何かのトラブルの際に対応してもらえない。質問にも答えてもらえない。それが製品の不具合であっても。ここから、一般的なケースを異なってくるのだが、製品の不具合かそうでないかは製造しているところしかわからない。不具合であってもそういう仕様だと言われることはよくある。しかし、実際には使用していて困るケースがある。そのときには保守してもらっているということで修正の依頼も出来る。
製造会社としては、その保守料で持って、継続して維持メンテナンスが出来ている。枯れた技術であれば、保守など必要ないだろう。そういったシステムを使えばいいのだ。
とまあ、ITコストが高いか安いかは使い方次第だ。少しの時間、止まってもいいシステムなら、保守はそれほど必要ないだろう。でも、止まってはいけないシステムにはそれなりのコストがかかるのは当たり前だ。コストを下げたいのはみんなの願いだろうが、そうであるなら作る時から止まらない設計をするべきだ。
そういうことがわかっていない人が作るから、よけいにお金のかかるシステムになってしまう。もっと、勉強するべきかな。
で、この本だけど、読んでもためにならないだろうね。

日本のITコストはなぜ高いのか?日本のITコストはなぜ高いのか?

日経BP企画 2009-09-10
売り上げランキング : 75482

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膠着

今野敏著『膠着』読了
たまたま手に取った作品。いまいちかな。
舞台は接着剤製造会社。主人公は営業の新人で、会社の研究所がまったく接着機能のない製品を作ってしまい、それをどうやって売るかということを探す中で、会社の内部事情とかスパイだとか研究所の足の引っ張り合いだとかが出てくる。自分は大学の専攻が化学だったので、それなりに興味を持って読めたが、他の人ではどうか。ビジネス小説としてはいいのかも。

膠着膠着

中央公論新社 2006-10
売り上げランキング : 539744
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年度予算案発表

どこもかしこもこの話題だろうけど、気になるものは気になる。
なんでこんな予算でいけるのだろう。
家計に例えるとと言う記事をいろいろな新聞社で出している。たとえば読売新聞はこうだ。
(せっかくだからそのまま転載:ごめんなさい)
ーーーここから
家計に例えると…収入370万、生活費530万

 2010年度予算の政府案について、1兆円を10万円に置き換えて家計に例えてみた。「新・日本政府株式会社」で働くハトヤマさんの暮らしぶりは大きく変化した。

 ハトヤマさんの来年度の年収(税収)は、370万円の見込みだ。今年度は460万円もらえるはずだったが、実際は昨年秋のリーマンショック後の景気低迷で90万円も減った。来年度以降も、給与水準が回復する見通しは暗そうだ。

 一家は高齢で病気がち。医療費(社会保障費)がかさみ、来年度は270万円に膨らむ。家のリフォーム(公共事業)を我慢したが、とても追いつかない。

 ところが理想家のハトヤマさん、「子どもは社会全体で育てるもの」と言いだし、近所の子どもたちにお小遣い(子ども手当)を配ることにした。10年度は合計23万円だが、11年度は倍に増やすつもりだ。結局、生活費(一般歳出)は530万円と過去最高額に達する。

 カードローン(新規国債発行)で440万円借りることにしたが、それでもお金が足りないため、ハトヤマさんは友人のカメイ君にも協力してもらい、妻ミユキさんのヘソクリ(埋蔵金)を探しだした。確保したのは110万円。ミユキさんは「来年はもうないわよ」とカンカンだ。
ーーーーここまで

普通に考えたら、370万円しか収入がない人が、ローンの返済で210万円を支払っているとしたら、すでに借りられないのが常識。それでも440万円も借金をする。借金の総額は6370万円にもなっている。
だいたい使い過ぎだって。370万円しか収入がない人が、930万円も使うってことがおかしい。借金の返済に210万円かかるということでそれはしかたがないけど、だからって借金してもいい訳じゃない。
根本的に収入=税収を増やすか、支払い=歳出を減らすしかない。民主党への期待はそこにあったはずだ。これにはがっかりだ。たしかに半年しかやっていないし、そのまま自民党がやっていたら、もっとひどい予算案かもしれない。だから、今回はしかたがないとするけど、2011年度の予算案がこんなだったら、やめちまえだな。
国会議員をみんなクビにした方がいい。経営陣として失格だからだ。
いっそ、消費税をあげるといってみたらどうだろう。借金を減らすためにしかたがない。国民に痛みを許容してもらうしかないのではないか。そもそも低所得で税金を納めていない人への補助が多すぎる。社会として支えられない状況だ。ひろくあまねく税を取るということからすると、消費税を上げるしかないのじゃないか。
とにかくがっかりだ。来年のビジョンが描けないなら、次の選挙に民主党を支持することは出来ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RICOH デジタルカメラ GR DIGITALII

イーデザイン損保のブログ応援キャンペーンに応募したら、当選しました。
いただいたのは『RICOH デジタルカメラ GR DIGITALII』
実売5万円くらいするちょっと高級コンパクトデジタルカメラ。
結構マニアがいるみたい。単焦点でズームなし。いさぎよい感じ。大きく写したければ、近づけって。
速攻オークションで売ってしまおう思っていたが、せっかくだからちょっと使ってみようと思った。amazonのコメントでもけっこう評価されているので。
それで、同じくamazonを探していたら、コンプリートガイドなるものを発見。速攻購入。
これですこしはうまくなるかな。

RICOH デジタルカメラ GR DIGITALII 1000万画素 GRDIGITALIIRICOH デジタルカメラ GR DIGITALII 1000万画素 GRDIGITALII

リコー 2007-11-22
売り上げランキング : 15700
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

RICOH GR DIGITAL コンプリートガイド (SOFTBANK MOOK)RICOH GR DIGITAL コンプリートガイド (SOFTBANK MOOK)
デジタルフォト

ソフトバンククリエイティブ 2008-10-21
売り上げランキング : 46498
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シェルター

近藤史恵著『シェルター』読了
マッサージ師シリーズの三冊目。実は前のシリーズは読んでいない。
だから、ちょっとよくわからないところもある。
失踪したアイドルを探す人たちとそのアイドルをひろってしまった姉、急にいなくなった姉を心配する妹、その彼氏と登場人物はすくない。話もそうたいした話ではないが、まあ、近藤さんの雰囲気のよく出た作品。
次は恋愛小説かな。

シェルターシェルター

祥伝社 2003-09
売り上げランキング : 378802
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷺と雪

北村薫著『鷺と雪』読了
直木賞受賞作。このミス2010ランクイン。ベッキーさんシリーズ最新作。
このシリーズはすでに何冊か出ているので、なんで直木賞受賞なのかと思ったが、読んでみてよくわかった。非常に良く書けている。舞台である昭和初期の東京の描写がうまい。まさに引きずり込まれる。
短編集で3つのお話が出ているが、自分としては題となったお話よりは最初のものが良かったと感じた。いずれも、ちょっとした謎を主人公の女運転手であるベッキーさん(別宮さん)が解くというもの。
最後の話で2.26事件になるので、暗黒の昭和に突入する。きっと続きも作られるだろうが、この雰囲気は非常に興味がある。
ぜひ、読むべし。

鷺と雪鷺と雪

文藝春秋 2009-04
売り上げランキング : 1017
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪小説家

雫井脩介著『犯罪小説家』読了
昔、この人の小説を読み、おもしろかったので手に取った。評価はいまいち。
全体にくらいトーンで書かれている。ミステリー小説で文学賞を取った作家とそれを映画化したい監督、あわせて、雑誌記者が主な主人公。あとは自殺サイトの過去の人たちと事件。
これらの過去の謎を解き明かそうと進んでいくが、作家がこの自殺サイトと関係があることに・・・
なかなかスムーズに読み進められなかった。こっちがいろいろほかのこと(スポーツ中継とか)を気にしながら読んだからかもしれない。
自殺サイトででてくる練炭自殺が気になる。一酸化中毒死はきれいな死に方とか言っているけど、やっている本人は一番苦しいはず。一酸化炭素が運動神経を最初につぶし、脳などの意識は最後まで残っている中で死に至ることになる。体を動かしたくても動かせない状態ということ。
こんな死に方はやめたほうがいいよ。

犯罪小説家犯罪小説家

双葉社 2008-10
売り上げランキング : 47132
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒百合

多島斗志之著『黒百合』読了
まいりました。このきわめて良く練られたプロットに最後まで翻弄されました。
結局2、3度読み直すことに。
戦後の六甲山の別荘を舞台に、東京から避暑に来た少年と地元神戸の少年および少女との夏休みの話が主に綴られるが、それに横糸として挿入される話が、ミステリーを形作る。
きわめてよく出来たミステリー。とてもドラマ化しにくいミステリーだろう。
ひさしぶりに出会った珠玉の小説。

黒百合黒百合

東京創元社 2008-10
売り上げランキング : 192698
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »