« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

つま恋に彼は来なかった

吉田拓郎の夏は終わった。
最後のツアーということで、しっかりチケットは押さえておいた。前回のこともあるので、開幕の名古屋も予約を入れたのだが、抽選で外れ、とりのつま恋はなんとか取れていた。
3週間前の大阪公演が直前でキャンセルとなり、その後2週間自宅療養となり、今週なんとかつま恋は開催するということで楽しみにしていたのだが、そのニュースが流れた18時間後に中止決定のメールが送られていた。
車でつま恋に移動中、川崎辺りで体調不良を訴え、そのまま都内に引き返し、主治医の診断で引き続き加療を要するとのこと。
しかたがないとあきらめるのみ。楽しみにしていただけに、おまけに最後のツアーだということでよけいにがっかりしているが、しかたがないとしか言いようがない。
せめて、今回の開催された公演をベースにDVDとか出してもらえないのかしら。
あとは元気になってもらって、ツアーとまで行かなくても、どこかでコンサートとか、誰かのコンサートにゲストで出るとかそういったことでもしないのかしら。確かに人生最後のツアーとは行ったものの、その昔、もう歌わないといったけど、復活したじゃない。
そういったことに期待するしかない。もう一度元気になってファンの前に出てきてほしい。Imgp0451
Imgp0452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖域

大倉 崇裕著『聖域』読了
このミス19位だが、けっこう良かった。
折しも大雪山系で遭難事故があり、10名の方がなくなるという痛ましい状況もあり、生々しくこのミステリーを読んだ。この小説も山岳事故をテーマに殺人事件が起きる設定だが、中で出てくるように若い人はあまり山登りに関心がなくなり、逆に中高年に人気が出ているらしい。
山登りは特にそうだろうが、進むことより戻る選択をすることが難しい。社会人で仕事を持っている人が仕事の休みを利用して登山という状況では日程的な余裕もなく、出来ることなら山頂を極めたいとか壁を上り切りたいという願望が強く出てきて、引き返す選択が取れなくなる。
今回の事故ではガイドも非常に重要だ。素人に近い人もいる中で先に進むことを選択してしまったことが結果的に大事故になってしまったのではないか。そういう意味では山は人間に取ってはまさに『聖域』であり、侵すことが出来ない所なのだろう。
事故に遭われた方のご冥福をお祈りします。そして、二度とこういった事故の起きないルール作りをされることを望みます。

聖域聖域
大倉 崇裕

東京創元社 2008-05
売り上げランキング : 211378
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイジン

真山 仁著『ベイジン』読了
昨年読んでいれば、もっと緊迫感もあったかもしれないが、ちょっと時期外れになってしまった。
北京オリンピックを前にした中国で、世界最大級の原子力発電所の建設にあたる物語。
中国には仕事の関係で1度だけ行ったことがある。上海と西安だけだけど。上海の都市部は本当にどこだかわからない感じをさせる近代都市になっていた。高層ビルが多く建っていたし、高速道路も整備されていた。ただ、すこし町から離れると、まだまだ自転車は多く走っていたり、建設中のビルの足場が竹だったり、すごいギャップを感じた物だ。
中国というと、いまだに大量生産の製造基地であるはず。そこで働いている人たちは非常に勤勉のようだけど、全体として一所懸命働くという意識が低いのではないか。共産主義社会で国家が面倒を見てくれると言っていた時代を過ごしてきた人たちからすると、いまの超資本主義の経済は別世界だろう。変なところだけ統制されて、でも経済は資本社会になっちゃっている。非常のおかしな状態なはずなんだが。
そこに原発を作るというはなし。たしかに技術は教えてもらえばなんとかなる。設備もできるだろう。でも運転のノウハウや保守、運用というものはかんたんに教えられるものではない。作中にしばしば出てくる原発での整理整頓や掃除の大事さ、許可されている物以外を入れてはならないことなど、中国の人たちがちゃんと出来るとは思えない。すくなくとも今の中国の一般的なレベルの人たちには。
もっとも、いまは勤勉でよく働くと言われている日本人も200年前は働かずのんびりしていたという話もあるので、まあ、これからに中国も良くなっていくのだろう。
来年上海万博なんで、行ってみたいねぇ。

ベイジン〈上〉ベイジン〈上〉
真山 仁

東洋経済新報社 2008-07-18
売り上げランキング : 8479
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターボサーキュレーター購入

たまたま行ったホームセンターでターボサーキュレーターを見て、買っちゃいました。
エアコンの効きが悪くって・・・自宅ではありません。職場です。
エコでクールビズになった関係で、空調は28度の設定になりました。私の座っている位置は、日が当たる関係もあって、なかなか空調が効きません。扇風機を買うように業務に言っているのだけれど、なかなか動いてくれないので、実力行使に出ます。
まあ、たいした金額ではないし、パチンコで1回負けたと思えばたいした出費ではないし、とやせ我慢なんだけど、その分仕事がはかどれば、それでよし。

Honeywell ターボサーキュレーター HT-809-BKHoneywell ターボサーキュレーター HT-809-BK

CCP 2009-04-10
売り上げランキング : 145
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨水タンク設置

雨水タンクを設置しました。
例年、あさがおやニガウリを日よけをかねて育てているが、水道の水をやるのもどうかと思い、雨水タンクを購入しました。

雨水利用タンク ホームダム RWT-250雨水利用タンク ホームダム RWT-250

コダマ樹脂工業
売り上げランキング : 97473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

案外設置は簡単で、道具さえそろっていれば、半日で設置できます。取扱説明書にそって、樋を切る位置を間違えないように注意さえすれば、誰でも出来る工事です。
Imgp0449
これで、アサガオにみずをやれます。まだ雨が降らないのでたまっていませんが。
Imgp0450

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年下の男の子

五十嵐 貴久著『年下の男の子』読了
タイトルで手に取った作品。外れていなかった。一日で一気に読み終えた。非常に面白い。
そのままテレビドラマ化されると思われるが、37歳の主人公キャリアウーマン役はだれがふさわしい。仕事はそこそこできるが、いままでなかなか結婚までいく付き合いがなく、なんとなくマンションを買ってしまうタイプ。天海祐希とかも思ったが、案外歳がいっている。若く見えるが。結婚してしまったが、篠原涼子とか。
そうなると23歳の年下の男の子役も結構難しい。大卒山岳部出身で背も高くてなかなかいい男。
そのほか、小川さんとか秋山部長とかなかなかキャストを考えるだけでも面白い。
個人的にはこの話、なさそうだけどあってもいいかなとかあってほしいかなと思える小説だった。世の30代女性は夢を持ってほしい。といってホストにだまされないようにしないといけないけど。

年下の男の子年下の男の子
五十嵐 貴久

実業之日本社 2008-05-16
売り上げランキング : 173825
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

儚い羊たちの祝宴

米澤 穂信著『儚い羊たちの祝宴』読了
短編集。全体的に暗い感じのミステリー。
いいか悪いかと聞かれれば、ちょっとお進めできない分類。
最後に羊料理がでてくるが、それがちょっと気味悪い。

儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
米澤 穂信

新潮社 2008-11
売り上げランキング : 74037
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »