« 煙霞 | トップページ | 儚い羊たちの祝宴 »

バビロニア・ウェーブ

堀 晃著『バビロニア・ウェーブ』読了
どこかの新聞の書評ででていたので、購入して読んだ。日本人の本格SFとしてはよく出来ている。
初版は1988年なので、すでに20年前のこと。20年経っていても、色あせないということは、それだけ先を読んでいたのか、科学的知識がしっかりしていたのか、その後の天文学的な進歩がそれほどなかったのか。
日本人のSFとしては小松左京の『さよならジュピター』を思い浮かべるが、さよならジュピターは1980年の著作で、せいぜい太陽系内のしかも惑星軌道程度だったものが、本作では太陽系を3光日もいったところにある光束を舞台に話が進まれる。
そもそもそんなところになぜ、そんなものがあるのか。この光束に45度で反射板を入れれば、光エネルギーとして無尽蔵とも言えるエネルギーを取り出すことが出来る。そもそもそんな発想はどこから出てくるのか。
しかもそこまで宇宙船で行くのにレーザ加速する宇宙帆船のようなものまで考えている。未だ実現していないが、光エネルギーによる宇宙船の加速って可能なんだろうか。
謎は深まるばかりだし、SFなんで終わりがしっかりある訳でもないのだが、しっかりとしたSFでおもしろい。初版が出た当時に読まなかったことが悔やまれる。その頃何していたんだろう。

バビロニア・ウェーブバビロニア・ウェーブ
堀 晃

東京創元社 2007-02-21
売り上げランキング : 71938
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 煙霞 | トップページ | 儚い羊たちの祝宴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/45476465

この記事へのトラックバック一覧です: バビロニア・ウェーブ:

« 煙霞 | トップページ | 儚い羊たちの祝宴 »