« 『午前中に・・・』 発売開始してました。 | トップページ | SOKKI!-人生には役に立たない »

ηなのに夢のよう

森 博嗣著『ηなのに夢のよう』読了
ηはnではありません。イータです。
Gシリーズの第六弾らしい。すでに第七弾もでている。
今回は連続首つり事件です。すでにミステリーの領域からはすっかり外れてしまっていて、キャラクターが勝手に動いている感じがします。これでも売れる本なのだろうか。
アマゾンの書評では、最後に号泣した人もいるらしいが、これで泣けるなら、国語の教科書読んでも泣けるんじゃないだろうか。たしかに登場人物がやっと名古屋を離れるらしいから、寂しいとは思うけど。そもそもそんな話で終わりになるってどんな小説なのだろう。
毎回、もうこれで終わりにしようと思ってまた読んでしまうのだけど、それはそれで麻薬みたいなものなのかしら。
まあ、売れるんだからいいんだろう。しかし、アマゾンの書評はみんないい評価なのが気になる。私の読み方が悪いのかしら。で、犯人はいるの?

ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)ηなのに夢のよう (講談社ノベルス)
森 博嗣

講談社 2007-01-12
売り上げランキング : 43833
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 『午前中に・・・』 発売開始してました。 | トップページ | SOKKI!-人生には役に立たない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/44745917

この記事へのトラックバック一覧です: ηなのに夢のよう:

« 『午前中に・・・』 発売開始してました。 | トップページ | SOKKI!-人生には役に立たない »