« 古文書はじめの一歩 | トップページ | しらみつぶしの時計 »

荒野

桜庭 一樹著『荒野』読了
タイトルは女の子の名前だ。さすがに荒野という娘は存在しないと思われるが、父親が作家だというと何となく納得してしまうのもおかしい。母親を早くに亡くし、父と娘という境遇で、中学一年の入学式から始まる。
もともとなんとなく手に取った小説だったが、非常に面白かった。青春小説としては秀逸。中学から高校というのはこんな感じだったなというノスタルジーを感じさせてくれる。本当にこんな感じだった。

荒野荒野
桜庭 一樹

文藝春秋 2008-05-28
売り上げランキング : 4478
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 古文書はじめの一歩 | トップページ | しらみつぶしの時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/43133267

この記事へのトラックバック一覧です: 荒野:

« 古文書はじめの一歩 | トップページ | しらみつぶしの時計 »