« 夜明けの街で | トップページ | 氷菓 »

芝浜謎噺

愛川 晶著『芝浜謎噺』読了
落語家シリーズの第二弾。
前の本と同様に、今回は『野ざらし』、『芝浜』、『試し酒』などを使ったミステリーっぽいお話になっています。けっこうおもしろいし、3つの話がつながっていて、一気に読める。
ドラマに使われたりして、けっこう落語ブームかもしれない。便乗ではないがけっこうな名跡をさいきんいろいろ跡継ぎしていたりして、どうなんだろうって思います。昔はTVでも寄席中継をしてくれたけど、最近はさっぱりだし、地方ではたまに市民ホールなどで独演会などを開いているけど、まあ、そこそこ客は入っている。
でも、昔の圓生や小さんの落語を見た世代からするとどうなんだろうって思う。
まあ、落語家も大変なんだろうけど、林屋正蔵みたいに金遣いが荒いと何して食べてるのって感じ。芸の道は遊ぶことではないはず。稽古しなきゃ、うまくならない。

芝浜謎噺 (ミステリー・リーグ)芝浜謎噺 (ミステリー・リーグ)
愛川 晶

原書房 2008-04-21
売り上げランキング : 51233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 夜明けの街で | トップページ | 氷菓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/42539032

この記事へのトラックバック一覧です: 芝浜謎噺:

« 夜明けの街で | トップページ | 氷菓 »