« サーバ/インフラを支える技術 | トップページ | 温かな手 »

玻璃の天

北村 薫著『玻璃の天』読了
昭和初期を舞台とした『街の灯』シリーズの第二弾。短編集。
最近の北村さんのミステリーは非常に凝っていて、読んでいてなかなか理解されずにいたのだが、このシリーズは昭和初期の東京のおもむきと雰囲気も楽しめてよかった。
表題の『瑠璃の天』はステンドグラスを題材にしている。また、史実の忠実であったり、古典がでてきたり、昔の建物や新聞の内容など、宝物箱から少しずつ出してきてちりばめたようなところもあり、それでいてしっかりミステリーとしての形ができているところはさすがに北村薫だと思う。このシリーズ続けてほしい。

玻璃の天玻璃の天
北村 薫

文藝春秋 2007-04
売り上げランキング : 53175
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« サーバ/インフラを支える技術 | トップページ | 温かな手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/42261996

この記事へのトラックバック一覧です: 玻璃の天:

« サーバ/インフラを支える技術 | トップページ | 温かな手 »