« 吉田拓郎読本 | トップページ | 警官の血 »

当て逃げ野郎

また事故にあった。ジュビロ磐田戦の観戦時で2度目。今度は自動車。
しかも当て逃げ。ばかやろう。
こっちは渋滞でほとんど進んでいない状況。対向車線から、ライトもつけていない黒っぽい軽自動車が走ってきたと思ったら、だんだんセンタラインをはみだしてきて、結局こっちの車のサイドモールをはじきとばしやがった。
とりあえず、車を止められるところまで走って止めて、当てた車を探したら、止まってない?。ばかやろう。当て逃げじゃん。近くで見ていた人がいたから、ナンバーの数字部分はわかったけど、どうしようもない。
一応警察呼んで、事故扱いしてもらい、しかたがないので車両保険で直すしかない。”等級3つ下がるけどいいですか”っていわれたけど、こんな事故じゃ警察だって動いてくれないだろ。人がけがしている訳でもないし。
こっちも暇でもないので、犯人探しする訳にも行かず。
さっさとあきらめるしかないか。
同情していた子供にも”けががなくてよかったと思わなきゃ”って慰められた。

しかし、頭にくる。磐田辺りで走っている、たぶんスズキのアルトあたりのナンバー7836の運転手。おまえこそ事故起こして死んじまえ。

|

« 吉田拓郎読本 | トップページ | 警官の血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/41988668

この記事へのトラックバック一覧です: 当て逃げ野郎:

« 吉田拓郎読本 | トップページ | 警官の血 »