« 赤毛のアン・夢紀行 | トップページ | 最近のスパム 2008/06 »

クレイジーボーイズ

楡 周平著『クレイジーボーイズ』読了
前回読んだ『陪審法廷』と似たような背景を持つ小説だ。みそのところを話すとネタバレなんで、それは書けないが、非常に面白い小説。読んで損なし。
主人公はアメリカ在住の日本人学生だ。父親が日本で画期的な特許を取得し、それを会社と争っている。現実の話とフィクションをうまくからめているので、読者にはインパクトがある。父親が何者かに殺され、それにオイルマネーが絡むなど、楡さんの最も得意とするところに持ち込んでいる。後半やや強引なところがあるが、それでも現在のインターネットやIT技術を取り込んで面白みを増している。内容がやや過激なので、このまま日本では映画にはできないが、ちょうど映画にするにはいい展開の小説だ。
退屈せずに一気に読めるだろう。

クレイジーボーイズクレイジーボーイズ
楡 周平

角川書店 2007-08
売り上げランキング : 151402
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 赤毛のアン・夢紀行 | トップページ | 最近のスパム 2008/06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/41396472

この記事へのトラックバック一覧です: クレイジーボーイズ:

« 赤毛のアン・夢紀行 | トップページ | 最近のスパム 2008/06 »