« タンポポの雪が降ってた | トップページ | 部下を「会社うつ」から守る本 »

囁く谺

ミネットウォルターズ著『囁く谺』読了
まず、題が読めないか。『ささやくこだま』なんだけど。現代はEchoとか書いてあったので、こだまといえばこだまなんだけど。
一人の男が関係ないと思われる見知らぬ家のガレージで餓死するところから始まる。その理由がミステリーなんだけど、非常に複雑。
平行して失踪した二人の男性のうちのどちらかではないかと疑うが、そうでもなく、結局意外な犯人と犯行が判明する。最初の死亡者は自殺なんだけどね。
じっくり読めばわかるんだろうけど、通勤の合間に少しずつ読んでいるとさっぱりわからん。濃密なミステリーだとおもうが。

囁く谺 (創元推理文庫)囁く谺 (創元推理文庫)
Minette Walters 成川 裕子

東京創元社 2002-04
売り上げランキング : 245931
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« タンポポの雪が降ってた | トップページ | 部下を「会社うつ」から守る本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/41600322

この記事へのトラックバック一覧です: 囁く谺:

« タンポポの雪が降ってた | トップページ | 部下を「会社うつ」から守る本 »