« 使命と魂のリミット | トップページ | 晩夏のプレイボール »

警察庁から来た男

佐々木 譲『警察庁から来た男』読了
北海道警察を舞台としたシリーズの第二弾。『うたう警官』を読んでおいた方が背景を理解できる。
北海道警察の汚職を警察庁から来た監察官が暴く物語。
タイ人少女を売春から逃がそうと派出所に駆け込んだが、それがどういうわけか暴力団に連絡され、連れ戻される事件があった。また、歓楽街で転落事故があったが、それが事件ではなく事故として葬り去られた。この事件を汚職が原因であると監察が動き出す。汚職の根底に野球チームとそのOB会、さらには退職後の再就職斡旋へと続き、暴力団とのつながりが出てくる。
実際にはどうかはべつとして、表の話だけでなく、裏の話はけっこうダーティーなんだろう。なるべく関係しない方がいいが、警察官も大変だということはよくわかる。

警察庁から来た男警察庁から来た男
佐々木 譲

角川春樹事務所 2006-12
売り上げランキング : 11675
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 使命と魂のリミット | トップページ | 晩夏のプレイボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/40865455

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁から来た男:

« 使命と魂のリミット | トップページ | 晩夏のプレイボール »