« 借金取りの王子 | トップページ | 警察庁から来た男 »

使命と魂のリミット

東野 圭吾著『使命と魂のリミット』読了
著者には珍しく、医療関係の小説だ。
主人公は研修医で心臓外科の研修を受けている。この教授が主人公の父親の心臓手術を行い、結果としてなくなってしまう。この父親は警察官だったが、不良をパトカーで追いかけて一人を電柱に衝突させて死亡させている経歴があるが、その父親がこの教授という複雑な関係がある。
この縦糸と入院している大会社の社長の命をねらうために、手術中に電源を停止させて手術を失敗させようとする者たちとをうまく描いている。
著者のすごさが本当によく出ている。医療関係はそんなに詳しくないはずだが、そう感じさせずにさらっと書いてしまうところなど、すばらしい。
これもそのままドラマにして大丈夫な作品。
おすすめできる。

使命と魂のリミット使命と魂のリミット
東野 圭吾

新潮社 2006-12-06
売り上げランキング : 20073
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 借金取りの王子 | トップページ | 警察庁から来た男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/40865378

この記事へのトラックバック一覧です: 使命と魂のリミット:

« 借金取りの王子 | トップページ | 警察庁から来た男 »