« CRルパンの新型 | トップページ | 映画『結婚しようよ』 »

うたう警官

佐々木 譲著『うたう警官』読了
2005年のこのミス10位。
前回読んだ『制服捜査』の前に書かれたもの。北海道警察を舞台とした1日を時系列で丹念に描写した非常におもしろい作品。
マンションの一室で女性の殺害死体が発見され、それが婦人警官だと言うことが判明する。つきあっていた同僚が疑われ、この容疑者が警察内部の不正をについて”うたう”=しゃべる予定となっていることから、見つけ次第射殺命令が出る。主人公は容疑者と非常に深いつながりがあり、容疑者の無実を調べるために独自捜査を開始する。捜査チームの中に裏切り者がでたり、真犯人が意外な人物だったり非常におもしろく、一気に読んでしまった。
そのまま2時間ドラマにしてもいいかと思うが、内容が警察内部の汚職を描いているので、ちょっと厳しいか。
ちなみに著者のHPを見つけました。佐々木譲資料館
なお、この小説は文庫になる際に改題されて『笑う警官』になったらしい。何で笑うんだろう。

うたう警官うたう警官
佐々木 譲

角川春樹事務所 2004-12
売り上げランキング : 93412
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« CRルパンの新型 | トップページ | 映画『結婚しようよ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/17957614

この記事へのトラックバック一覧です: うたう警官:

« CRルパンの新型 | トップページ | 映画『結婚しようよ』 »