« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

ハゲタカ

真山 仁著『ハゲタカ』読了
NHKドラマで話題となったものの原作。
金融危機とその後のハゲタカファンドのことをフィクションとして書いた小説だが、真実というか実録に近いものではないかと思う。
実際に破綻してできたりそな銀行や破綻した足利銀行など近い形で出てくるし、お菓子メーカはうちのカミさんの妹の旦那がつとめていた東鳩かなと思って読んでいた。確かに日本の中小企業は家内工業的なところが多いし、会社と自分の持ち物がわからなくなっているところも多い。うちの親会社も1000億円以上の有利子負債があるが、全然返済できていないはずだし、返す当てもよくわからなくなっちゃっている。でも、80になる会長は全然元気だし、毎週行っている床屋も経費なんだろうし、結構行っているゴルフも経費なんだろう。それ以外にも黒い噂も聞いたことあるが。
株式会社が株主で成り立っていることや従業員がまっとうに働くことによって利益を出していること、社会貢献が必要なこと、なによりコンプライアンスを守ることなど基本的なことを忘れてしまっている経営者が多くいて、それらを守る役員もいて、全然会社が良くならない。そんな会社に苦労してしがみついていて、仕舞いには山一証券のようにある日突然死してしまうことが許されてしまう。その中にある悪いもの、膿をさらけ出すのをこばんだ山一証券もひどいけど。
やっぱり経営者の質とそれを保っていけるかが大事なんだと思う。株式市場は株価によって正当に評価している。株価が低いということは会社に価値がないということ、経営者がだめだって言うことなんだろう。それでも経営者としてしがみつくから始末が悪い。
この本を読んでいて、たとえば親会社が破綻となったときにどこが救ってくれるの、救うほどの価値があるのかを正直考えさせられた。ゴルフばっかり行っているんじゃなくて、こういう小説も読んだ方がいいんじゃない。NHKのドラマもDVDになるだろうから、そっちでもいいけど。ちなみにドラマは小説をいろいろ変えているみたい。たしかに小説通りだとりそなとか足利とかわかっちゃうからね。
この小説の続編もあるので、それも楽しみだ。

ハゲタカ(上) (講談社文庫)ハゲタカ(上) (講談社文庫)
真山 仁

講談社 2006-03-15
売り上げランキング : 186
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハゲタカ(下) (講談社文庫)ハゲタカ(下) (講談社文庫)
真山 仁

講談社 2006-03-15
売り上げランキング : 246
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつ病になった魚

山内 麻莉著『うつ病になった魚』読了
この本の出版社の井上社長(静大准教授)からいただいて読んだ。
著者はれっきとした医師免許を持ったお医者さんなのだが、うつ病持ちで症状が強かったり良かったりを繰り返している方だ。
医者は病気にならないと思ってしまうが、やっぱり人間で病人を診るための勉強をしたというだけで、病気になるときには病気になる。うつ病になった心療内科の先生というのも大丈夫なのって思ってしまうが、やっぱり人間だからねぇ。
うつ病になった人には『励まさない』『あせらせない』『気晴らしに誘わない』が鉄則なんだと再認識した。
なかなか読みにくい本だけど、よくうつ病の方がここまでかけたもんだと感心した。著者がこれ以上悪くなって自分を追い込んでしまわないことを願います。

うつ病になった魚うつ病になった魚
山内 麻莉

静岡学術出版 2007-11-10
売り上げランキング : 154480

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

ジョン ウッド著『マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった』読了
たまたま図書館の新刊本のところにあったので手に取った。休みを利用して一気に読んだが非常に感銘を受けた。
著者は元マイクロソフトの国際部門の要職にあったが、たまたま休暇で行ったネパールでたまたまトレッキングの途中で現地の人の案内で小学校に立ち寄り、学校の実情や図書館に本がないという事実、校長から本を持ってまた来てくれと言う依頼を受けた。それを受け、帰国するやいなや知人、友人に本の寄付を求め、それを届けに行った。ここまではよくある話かもしれない。まあ、このような体験をしても帰国するとそれが単なる思い出になってしまうたくさんの人とは違い、行動力のあった著者は少なくとも第一歩を踏み出した。その後、この体験から子どもたちに教育の場を与えることが貧困から救うことであり、社会全体を前進させることであると思い、マイクロソフトを辞めて社会起業家として途上国の子どもたちに教育の場を与えるNPO”ルームトゥリード”を立ち上げた。
この活動に賛同してくれる方からの寄付と各地のボランティアで成り立っているが、この組織のすごいことは慈善活動の新しいビジネスモデルを打ち立てているところだ。
1)活動の成果や出費の内訳を詳細な数字で報告する。→寄付がどのように使われているかがわかり、不正の温床にならない
2)人件費などの運営コストを抑え、実際の活動に最大限の投資をする。
3)地域社会も資金や労働力を提供し、住民が主役となってプロジェクトを定着させる。→押しつけでなく地域も参加して作り上げることによってその後の運営にも反映させることが出来る。
4)地元の優秀なスタッフを集め、地元の文化に合わせたプロジェクトを育てる。→そうすることによって経費もかからない。
非常に合理的だ。いかにもアメリカ的マイクロソフトで働いたことのある著者の考えがしっかり出ている活動だろう。著者はこの活動を引っ張っているがこの活動からは収入を得ていない(ようだ)。ここもすごい。このあたりがこういった活動をする団体の難しいところだろう。もともと著者はマイクロソフトで要職にあったということなので、それなりの資産があったと思われるが、まさにその資産を投げ打って活動しているらしい。この本が売れてくれれば少しは生活の足しになるのだろうが。
これに比べて日本のODAなどは金は出すが、結局は日本の商社に金が回るようになっている様な構造があるということも聞いたことがある。現地の人にとって不必要なものでも援助としてお金とものを出す。しかし、それが有効に使われているかははなはだ疑問だ。
また、子ども(および少女)の教育に援助しているところもすごい。子どもたちが教育を受けることによって、何十年か後にその子どもたちが大人となりその国を作っていくと言うことを考えれば、ある意味非常に効率のいい援助だ。さらに少女への援助の考え方もすてきだ。女の子を教育をすることはその女の子が結婚をして子供を持ったときにその子どもを教育することにつながる。非常に息が長い話ではあるが、効果という意味で合理的で説得力のある考え方だ。
最近も街頭募金で子どもたちが並んでいるが、たしかにちゃんとした団体もいるだろう。また、関係している団体でいろいろ寄付のお願いもくる。やっぱり成果がはっきりした団体やものに対して寄付するには気持ちがいいものだ。
ひさしぶりにすがすがしい気分になった。そろそろ自分もいい歳となり、社会貢献を行いたいと思っている。いままで受けた恩を返さなければと。ただ、どうしていいかわからない。自分の能力を生かしながら、お金だけでない貢献が出来ることを探していきたいと思った。
この本は年末年始に時間がある方には是非読んでもらいたい。

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になったマイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
ジョン ウッド 矢羽野薫

ランダムハウス講談社 2007-09-21
売り上げランキング : 341
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数学ガール

結城 浩著『数学ガール』読了
たまたま図書館でみつけて、おもしろそうだったので読み始めたが、なかなか数式が多くて読み砕くのに時間がかかった。でも、数学のいろいろな内容をおもしろくせつなく書いていておもしろかった。
とくにダビンチコードで有名となったフィボナッチ数の一般式化は興味深かった。こんなやり方で一般式にできるということがはじめておもしろかったし、意外な式だったのでよけいおもしろかった。
この本のあとがきでも紹介されている、吉田武さん著『オイラーの贈物』ちくま文芸文庫をさがしているのだが、なかなか古本屋でも見つからない。『博士の愛した数式』でも取り上げられたオイラーの公式の解説書だが、是非読んでみたいものだ。
あと、著者の結城さんのHPをたまたま見つけてしまった。(あとがきにも載っているが)RubyやRailsに関して調べていったところ、偶然みたページが結城さんのものだった。最近Rubyの作者であるまつもとひろゆきさんと対談している。これもおもしろい。

数学ガール数学ガール
結城 浩

ソフトバンククリエイティブ 2007-06-27
売り上げランキング : 899
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レインツリーの国

有川 浩著『レインツリーの国』読了
『海の中』や『クジラの彼』を系統でこの小説を読んだ。クジラの彼はべたべたの恋愛短編集だが、こちらは中途失聴者の彼女と関西弁の彼の甘い恋愛小説だ。ふつうならこのジャンルは読まないんだけど、この著者なので許す。結構良かった。
まわりにも突発性難聴になった人もいて、少しは感じがわかる。健常者にとってはわからないことだが、ハンデをもつとそれだけで苦しくなるだろう。特に失聴者にとっては、インターネットや携帯メールなんかは結構使えるツールなんだろうと再認識した。
この小説はまだ読んでいない『図書館』シリーズに出てくる話なんだとか。(あとがきより)。出版社が違ってそういうことやって大丈夫なんだろうか。両方の宣伝になるからいいのか。いずれにせよ、しっかりした作家でなければ出来ないだろう。このお話の続編も出来たら作って欲しい感想を持った。

レインツリーの国レインツリーの国
有川 浩

新潮社 2006-09-28
売り上げランキング : 39528
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ruby on Rails 関連インストール

Ruby on Rails関連の本をamazonで買って、うちのOSXでいじりだした。
備忘録としてインストール関係をまとめた。
買った関連本にはCDとかはついていなくて、いまはやっぱりインターネットサイトを参照するようになっている。Windowsの場合にはRuby on RailsとMySQLなどもろもろを一度にインストールできるInstantRailsがあるのだが、OSXの場合は順次やっていくのがいいみたい。(Ruby on Railsだけならある程度まとめてインストールできるLocomotiveというものもある。)
ここ:OSXにRuby on Rails環境をインストールする方法(RoR 1.1対応)を参考にしました。大元は本でも紹介されているBuilding Ruby, Rails, LightTPD, and MySQL on Tiger、このページで、最初の方が訳になっています。日本語なのでありがたい。
あと、MySQLの管理用にphpMyAdminを入れました。ここ(PHP, MySQL on OSX)を参考にしました。MySQLは最初のインストール状態ではrootのパスワードが設定されていないので、設定しました。
これで、テストが出来る状態になった。
テストは10分で作るRailsアプリ アプリケーション編を観ながら、同じ事をやってみた。WindowsとOSXで多少の違いはあるけど、ちゃんと動作させることが出来た。すごい。感動。本当に10分でRailsアプリを動作させることが出来る。
これで、すこしづつRailsをいじれる環境は出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクはうそつきだね

どこか苦情受け付け窓口があればそこに言うのだけど、どこかわからないのでBlogに書いて憂さを晴らす。(決して晴れないけど。)
ソフトバンク(モバイルのほう)はうそつきだ。
うちは会社の関係もあって、家族みんなソフトバンクにしてしまった。1年経過したし、安心パックとやらに入っているので、その中のサービス『電池パック無料サービス』を申し込もうとした。
HPからでも申し込めるらしいので、そこから入ったところ、エラーとなる。(ご大層に赤字に赤ワクで表示される。これなら間違えようがない。馬鹿にするな。)
何でエラーなのかとよくよく見てみたら、いま電池パックの在庫がなくて申し込めない機種が別ページに出ていた。ありがたいことに入荷日未定。いまどき在庫管理も出来ないのか。ここは。
ちなみに1ヶ月以上この状態は変わっていない。ふざけているとしか思えない。サービス内容として公表しているサービスを行おうとしたらできない。こりゃ不当表示だな。どこに文句を言えばいいんじゃろ。(やっぱりJAROかな。)
頭にきたので、電話で文句を言おうと157にかけたら、5分以上待たされた。こんなの普通の待ち時間なんだろう。この会社では。『十分な在庫が確保されたら、受付を再開します。』とのたまった。電話受けのおねえさんには悪いが苦情として会社に伝えてくれって言っておいた。どうなるかわからんが。
1ヵ月後もこの状態であるほうに賭ける。
こういうところで他の携帯会社とのサービスの差がでちゃうんだろうね。7ヶ月純増トップで喜んでいるいるかもしれないけど、案外まともな在庫管理も出来ないし、物をかき集めてでも言った事をやるって姿勢もない。コンプライアンスって言葉の意味も知らんのだろう。あのトップは。どっかの会社のトップもそうだけど。
カリスマってやつは能力があるうちは会社も伸びるのだけど、一度方向を間違うとおかしな方向へまっしぐらになるので、本当に心配だ。いつまで携帯電話やる気があるんだろう。そのうちにそっとやめてたりして。その昔、上戸彩のCMでギガBBとかいっていた光サービスはどこ行っちゃったんでしょうね。
何でもいいんだけど、やることはちゃんとやってほしいし、言ったことは守ってほしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

月の扉

石持 浅海著『月の扉』読了
『扉は閉ざされたまま』が良かったので、買って読んだ一冊。
はっきり言って、よくわからない。
飛行機をハイジャックして、その中で女性が殺される。その犯人を見つける課程はミステリーとしてはまあ、問題ないだろう。でも、この小説の大元にある、ハイジャックの目的、ある犯罪者の釈放という話は全くよくわからない。よく、この状態で本にしたものだ。もっとちゃんと編集しないとだめなんじゃない。読んでがっかり。

月の扉 (光文社文庫)月の扉 (光文社文庫)
石持 浅海

光文社 2006-04-12
売り上げランキング : 115162
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴉よ闇へ翔べ

ケン・フォレット著『鴉よ闇へ翔べ 』読了
そろそろフォレットの最近作を読むようになった。
この小説の舞台は第二次世界大戦のヨーロッパ戦線の終わり頃、ドイツに対して連合国側がフランスに上陸作戦を行う前の数日間のフランスの電話交換局の攻防を描いている。著者の事実上のデビュー作『針の眼』と同じ時代を描いている。得意の分野とあって非常におもしろい。スリリングだし、動きが速い。主人公は女性工作員でレジスタンスの助けを借りて、電話交換局の爆破を企てる。片やドイツ側はレジスタンスやスパイを捕まえようとするドイツ軍の情報将校。この二人をそれぞれ場面を分けて描いていく。
双方の流れがうまくかみ合っているし、それぞれが相手を出し抜こうとする駆け引きとかもうまく描かれていて長い小説であるが飽きさせずに読むことが出来る。
読む価値あり。

鴉よ闇へ翔べ (小学館文庫)鴉よ闇へ翔べ (小学館文庫)
ケン・フォレット 戸田 裕之

小学館 2006-05-11
売り上げランキング : 66210
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rubyをいじってみたくなった

とりあえず、お薦めの本を買ってみようって事で。
この本を買うことにした。

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版
Dave Thomas David Heinemeier Hansson Leon Breedt

オーム社 2007-10-26
売り上げランキング : 1325
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »