« 数学的にありえない | トップページ | ビザール・ラヴ・トライアングル »

無頼の掟

ジェイムズ・カルロス・ブレイク著『無頼の掟』読了
アメリカの禁酒法時代のギャングを描く作品。昔見た『俺たちに明日はない(ボニー&クライド)』を彷彿させる。
主人公と双子の叔父がギャングを働くという話だが、暗さがない。最初に銀行を襲う場面でいきなり失敗し、主人公が捕まってしまう。刑務所からなんとか脱走するが、日本と違って戸籍とかしっかりしていないから、簡単に元の生活に戻ってしまえるのは本当なのだろうか。そこからまたこの3人+叔父の妻1名で西部に旅をしながらギャングを働くのだが、途中で娘を救い、結局最後にはギャングに失敗し死んでしまうのだが、冒頭にも書いたように暗さがない。まあ、明るさもないが読んでいてすっきりした感覚、読了感がある。良い作品と言っていい。

無頼の掟無頼の掟
ジェイムズ・カルロス・ブレイク 加賀山 卓朗

文芸春秋 2005-01
売り上げランキング : 150880
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 数学的にありえない | トップページ | ビザール・ラヴ・トライアングル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/16771924

この記事へのトラックバック一覧です: 無頼の掟:

« 数学的にありえない | トップページ | ビザール・ラヴ・トライアングル »