« 海の底 | トップページ | 拓郎 ツアーを中止 »

鉤 (文春文庫)

ドナルド・E. ウェストレイク著『鉤 』読了
前作『斧』に続き、この著者の文庫を読んだ。
この作品では現代アメリカの出版界を風刺している。
登場人物は作家だ。一人は人気作家だが最近はスランプに陥ってかけない状態、もう一人は売れない作家。最近は作者別の販売状況はコンピューターからすぐはじき出される。売れる作家には次から次へと依頼が来る。しかも、相当なオファーで。でも、売れない作家には次回作の出版のチャンスはない。そのため、名前を変えて、出版しているとか。
この売れているが問題を抱えている作家が、売れない作家に作品と殺人を依頼する。案外簡単に殺人が行われ、なかなか捕まらないのだが、これもアメリカならではのことなんだろうか。
風刺という意味ではおもしろい。アメリカ人ならもっとよく理解できるのだろう。
最後が含みのある終わり方なので、どのようにでも取れるが、きっともう一人殺しちゃうんだろう。簡単に人が死ぬのはアメリカなのかなぁ。

鉤 (文春文庫)鉤 (文春文庫)
ドナルド・E. ウェストレイク Donald E. Westlake 木村 二郎

文藝春秋 2003-05
売り上げランキング : 427273
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 海の底 | トップページ | 拓郎 ツアーを中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/16902208

この記事へのトラックバック一覧です: 鉤 (文春文庫):

« 海の底 | トップページ | 拓郎 ツアーを中止 »