« 初めて救急車に乗りました | トップページ | 鉤 (文春文庫) »

海の底

有川 浩著『海の底』読了
『図書館戦争』を読みたくて探していたところ、同じ著者のこの本を見つけたので読んでみたが、非常に秀逸。様々な要素がうまく絡み合って非常におもしろく読みやすい小説になっている。
まあ、なんというかおばけザリガニに占領された横須賀の陸上部分と、潜水艦に逃げ込んだ少年少女と若い乗組員の救助までの出来事なのだけど、潜水艦はザリガニのために一度も動かず、潜らず、ただ、閉鎖空間が作られ、その中で起こるけんか、和解、里親との理解(詳しくは読んで欲しい)など、飽きさせずおもしろく、最後の場面まで目が離せない。
この著者はこの作品の前に『空の中』という作品を出しているらしい。つぎはそれを読むか。

海の底海の底
有川 浩

メディアワークス 2005-06
売り上げランキング : 6882
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 初めて救急車に乗りました | トップページ | 鉤 (文春文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/16861190

この記事へのトラックバック一覧です: 海の底:

« 初めて救急車に乗りました | トップページ | 鉤 (文春文庫) »