« ’07夏の旅行記(2) | トップページ | 冬の砦 »

’07夏の旅行記(3)

三日目:8/28(火)
6時過ぎに起床。7時にホテルのレストランでバイキングの朝食(1050円:事前に予約済み)を取った。まあまあだが、大きなホテルの朝食バイキングに比べれば、種類も少ない。まあ、望んでもしかたがない。ほかに朝食をとる方法がわからなかったし、近所のモーニングを食べに行くわけにも行かなかったし。
朝食後、出発。
いったん瀬戸大橋を目指すことにする。ナビに従って、高速のインターに入る。途中、新しくできたらしい道がナビにでていなくて、道路標示を元に走る。わかったことは、このナビはDVDが古い。だから、指示がいまいちのようだ。
瀬戸中央道早島ICで高速に入る。四国に向けて瀬戸内海を南下。途中与島SAで途中休憩。橋の下にあるSAなんで、ジェットコースターのように地上まで降りていく状態だった。瀬戸内海を一望できる非常にいいサービスエリア。時間も早かったので食事をしなかったが、ここでサービスエリアにあった四国の地図を元にやっと作戦会議をする。四国のことは何も考えていなかったので、とりあえず金比羅さんに行くことに決める。ナビをセットして、再度本線に戻り、善通寺ICで降りて、一般道に。道路標識を元に金比羅さんに。あまり考えていなかったので、最初に見えた駐車場(琴参閣)に車を止め、杖を借りて登ることに。(ちなみに金比羅さんについて何も知らなかったので、あんなに階段を上るとは思わなかった。)
ひたすら階段を上り、途中観光バスの団体がいたので、そのガイドさんの話を聞きながら、後ろを付いて回ることにした。けっこう話もおもしろい。残念ながら書院は閉鎖中で若冲の絵も見ることは出来なかった。観光バスの団体と同じところまでは登り、お参りをして降りてきた。途中裏参道があるようだったが、そちらの道は見つけられず、表をそのまま降りてきた。
降りてきたところで昼食でうどんを食べる。冷やしぶっかけうどん:500円 安い。結構コシのあるうどんでおいしかった。琴参閣でおみやげを買う。ちなみにおみやげをある程度買えば、駐車料をただにしてくれる。
ここから戻りのルートを考える。そのまま戻るのでは時間が余ることから、しまなみ海道で本州に戻るルートを取る。松山自動車道から今治に行き、しまなみ海道へ。途中SAで少し休憩を取る。このころから少し天気が悪くなる。景色はいいがなかなか止まるところもない。瀬戸田SAで途中休憩。特にすることもないので、そのまま、本州に行く。中国自動車道に入り、その先そのまま岡山まで行くか考える。
福山にビックホイールという観覧車があるというのをガイドブックの地図の隅に見つけ、最後のポイントとしてそこに向かう。途中、なにも案内標識もなく、ナビにも出ていなかったので、迷いながらも見つけた。なんとも寂しい観覧車だった。動いているのかも心配になるくらい入場者もいず、我が家族で観覧車を独占してしまった。単にほかに客がいなかっただけだったが。
もう、寄るところもなく、岡山まで戻り、岡山駅のレンタカー店に。それもまたナビがとろくて、いろいろ迷走しながら何とか到着。結局ぎりぎりだった。
岡山からのぞみで名古屋まで行き、名古屋からひかりで静岡へ。静岡から東海道線で西焼津に。到着は22:50くらい。なんとか無事帰ってこれた。概ね問題なく旅行は終了。

教訓はナビに頼るな。地図である程度道は決めた方がいい。

|

« ’07夏の旅行記(2) | トップページ | 冬の砦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/16395807

この記事へのトラックバック一覧です: ’07夏の旅行記(3):

« ’07夏の旅行記(2) | トップページ | 冬の砦 »