« ’07夏の旅行記(1) | トップページ | ’07夏の旅行記(3) »

’07夏の旅行記(2)

二日目:8/27(月)
6時過ぎに起床。朝風呂に入りに行く。すでに日は昇ってしまっていた。
7時に朝食:バイキング。まあ普通のバイキングだったが、結構地のものがあっておいしかった。
8時にホテルを出発し、鳥取砂丘に向かう。国道九号線をひたすら東に。11時過ぎに到着。
砂丘は広かった。しかも暑い。海岸の直前に丘があったので、そこまで登る。死にそうに暑い。登り終わると風が吹いていて気持ちよかった。ルートを変えて降りた。降りるのもつらい。のどが渇く。戻って売店でアクエリアスを一気飲みする。
おみやげ物屋で名物のらっきょを試食し、おいしかったので購入。梨とかもあったが荷物となるので断念する。
ここから昼食をどこにするかを家族で相談するが、だいたいにおいて希望は出てこない。チェーンレストランやラーメンでは味気ないので、国道9号線を少し西に戻り、道の駅『白兎海岸』で昼食。こんなところでした。(白兎海岸)
カミさんはイカの定食を、わたしは海鮮の定食を、子どもたちはそばを食べた。海鮮は絶品。1500円くらいで高いと言えば高いが、なかなか食べられない新鮮なもので非常においしかった。イカも同様だとカミさんは言っていた。
腹がいっぱいになったところで、これからのルートを考える。宿が倉敷なので一気に倉敷までおりて、大原美術館にいくことに。ガイドブックでもはずせない場所と書かれていたので。
ナビに大原美術館を指定して、その指示通りに進む。どこかで米子自動車道に入るのだが、それまでのルート選択はどういうアルゴリズムになっているのかわからないがいいかげんだ。後で地図をみたら、国道9号線を西に進み、国道179号線で南に進めばいいはずが、途中で南に進むルートを指示。(旧国道9号線のようだ。)はわい温泉の近くを通って、南下する。
最終的に米子自動車道湯原ICから高速に入る。昨日北上した道を逆に南下する。倉敷インターを降りて、大原美術館に進むが、都市部に入っていくとナビの指示がいまいち遅く、いろいろ迷走してしまう。一方通行とかも多くて。結局大原美術館の近くのコインパーキングに止め、徒歩で移動。時刻は16時を過ぎており、閉館時間の17時まで、時間のない中観賞する。
大原美術館を出て、その周りの美観地区を少し歩いたが、疲れもあってホテルに行く。今日の宿はホテル330グランデ倉敷だった。美観地区から2分の好立地。とりあえずチェックインしてホテルの駐車場に車を入れる。これがまた狭い駐車場でちょっと苦労した。シティホテルなので、男組二人と女組3人に別れて宿泊。
カミさんは観光協会からプレゼントされるエコバックをもらいに倉敷駅前まで行った。歩いて10分程度。
夕食はホテルの前にあったレストランで食事をした。結構おいしかった。コンビニでビールなどを買い、ホテルで飲み就寝。
翌日は瀬戸内海を渡り、四国に行く予定。(この時点ではどこに行くか未定だったが。)

|

« ’07夏の旅行記(1) | トップページ | ’07夏の旅行記(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/16383987

この記事へのトラックバック一覧です: ’07夏の旅行記(2):

« ’07夏の旅行記(1) | トップページ | ’07夏の旅行記(3) »