« クドリャフカの順番―「十文字」事件 | トップページ | 暗く聖なる夜 »

乱鴉の島

有栖川 有栖『乱鴉の島』読了
本格ミステリーといえばそうなんだけど、消化不良。
めずらしく密室もの。伊勢湾に浮かぶ離れ小島で、主人公がたまたままちがって宿泊する島と違う島に到着して物語が始まる。ミステリーの大元の殺人の方法なんかは別に凝っていないし、謎解きもおもしろいとは言えばおもしろいが、どうも単に長くしてあるだけで、これなら短編で処理できる内容。
横で流れるクローン技術による人間の複製の話とかこれもおもしろいといえばおもしろいが、どうも良いネタをたまたま聞いてしまったが、うまく咀嚼する前に使ってしまった感じ。もっとつっこんで専門的なところもちりばめてくれたらついて行けるのに、なかなか核心を突かないし、途中で腰砕けになるし。
有栖川ファンには申し訳ないが、もうちょっと推敲して欲しい作品。

乱鴉の島乱鴉の島
有栖川 有栖

新潮社 2006-06-21
売り上げランキング : 100441
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« クドリャフカの順番―「十文字」事件 | トップページ | 暗く聖なる夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/15614901

この記事へのトラックバック一覧です: 乱鴉の島:

« クドリャフカの順番―「十文字」事件 | トップページ | 暗く聖なる夜 »