« 予約注文 | トップページ | 乱鴉の島 »

クドリャフカの順番―「十文字」事件

米澤 穂信著『クドリャフカの順番―「十文字」事件』読了
この著者については『犬はどこだ』で少し興味を持ったので、読んでみた。はじめはなかなかついていけず、結構時間がかかったが、トリックというか話のねたは結構おもしろく、じっくり読んでみる必要がある。
文化祭の3日間(そもそも3日間も文化祭をやっている高校ってあるのか)のお話だが、古典部で販売する冊子の注文を間違えて7倍も出来てしまい、それを売る話を縦糸に、3日間でいろいろな部活や研究会で物が無くなり、犯行声明があり、その犯人当てをする主人公たちをうまく書いている。ミステリーとしては良く出来ていると思う。
ただ、知らなかった私が悪いのだがこの小説はシリーズの3冊目でその元となる『氷菓』を読んでいないのでちょっとついていけない場面もすこしあった。
そんなわけで、シリーズ第一作を読みたくなった。

クドリャフカの順番―「十文字」事件クドリャフカの順番―「十文字」事件
米澤 穂信

角川書店 2005-07
売り上げランキング : 81319
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 予約注文 | トップページ | 乱鴉の島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/15480424

この記事へのトラックバック一覧です: クドリャフカの順番―「十文字」事件:

« 予約注文 | トップページ | 乱鴉の島 »