« フライトプラン | トップページ | フェルメール殺人事件 »

ボトルネック

米澤 穂信著『ボトルネック』読了
『犬はどこだ』つながりで読んだ。いちおうこのミスにランクインしているみたいだけど、これってミステリーなの。たしかに殺人事件らしきものはあるけど。
主人公が東尋坊で転落したら、パラレルワールドで違う世界に迷い込んでしまい、そこでは姉が生きていて、そちらの世界は非常に調和が取れていて、おまけに姉が主人公の世界で起きた恋人が死んだ事故を事件と断定するなど、ミステリーっぽいところはある。だけど、著者はなにを主題にしたかったのか。パラレルワールドなのか。主人公と違う世界の差の原因についてなのか。最後までよくわからない。結局主人公は元の世界に戻るのだけど、いたたまれないだろうね。こんな体験したら、死にたくなっちゃうよ。ものすごい自己嫌悪に陥るだろうし。
やっぱり著者が何を書きたかったのかよくわからない。

ボトルネックボトルネック
米澤 穂信

新潮社 2006-08-30
売り上げランキング : 82854
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« フライトプラン | トップページ | フェルメール殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/15223452

この記事へのトラックバック一覧です: ボトルネック:

« フライトプラン | トップページ | フェルメール殺人事件 »