« 藤原正彦の人生案内 | トップページ | 三百年の謎匣 »

パパとムスメの7日間

五十嵐 貴久著『パパとムスメの7日間』読了
大元のネタは昔からあるものだ。古くは山中恒著『おれがあいつであいつがおれで』とか、東野圭吾著『秘密』とか、最近では浅倉卓弥『四日間の奇跡』などの人格の入れ替わりが起きる話だ。今回のシチュエーションはおもしろい。父親と17歳の娘の入れ替わりで、サラリーマンと女子高生の相互体験を通じて親子がコミュニケーションを回復するところもおもしろい。
最初はネタがわかってから、使い古されたネタだし、いままでいろいろな人が書いてきたものだから、おもしろくないんじゃないかという先入観で読み続けたが、結構おもしろいしはまってしまった。それで一気に読んでしまえた。1週間ほどで元に戻ったのでよかっただろうけど、これがずっと続いたら、それはそれで困るだろう。ハッピーエンドで安心して読める。なかなかの秀作だと思う。

パパとムスメの7日間パパとムスメの7日間
五十嵐 貴久

朝日新聞社 2006-10
売り上げランキング : 95299
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 藤原正彦の人生案内 | トップページ | 三百年の謎匣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/14978041

この記事へのトラックバック一覧です: パパとムスメの7日間:

» パパとムスメの7日間 [ゼラチン製秘密基地]
ネットで“オモシロイ”という噂を聞きつけ、「パパとムスメの7日間」という本を読みました。 [続きを読む]

受信: 2007/05/19 23:43

« 藤原正彦の人生案内 | トップページ | 三百年の謎匣 »