« 確定申告 | トップページ | カジノを罠にかけろ »

びっくり館の殺人

綾辻 行人著『びっくり館の殺人』読了
ミステリーランドシリーズの1冊。けっこう上質なミステリーで、著者の館シリーズをうまく入れ込んだ作品。ただ、途中までは小学校高学年でも大丈夫かと読み進んできたが、最後の近親相姦もどきはちょっといただけなかった。まあ、作品の底流に流れている姉の殺人事件と母親の発狂の理由としては悪くはないが、ミステリーランドの読者層を考えるとちょっと。
びっくり館というのはびっくり箱のような仕掛けが施された館のことだ。そこで発生した密室殺人の経緯と理由についてミステリーとして書かれている。大人が読んでもおもしろいし、すらすら読める感じからすると小学生から中学生なら十分に付いてこれる作品だ。
こういった作品をきっかけにミステリー好きな大人になって欲しいね。

びっくり館の殺人びっくり館の殺人
綾辻 行人

講談社 2006-03
売り上げランキング : 52838
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 確定申告 | トップページ | カジノを罠にかけろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/13985961

この記事へのトラックバック一覧です: びっくり館の殺人:

» 「びっくり館の殺人」綾辻行人 [しんちゃんの買い物帳]
びっくり館の殺人綾辻 行人 (2006/03)講談社 この商品の詳細を見る かつて子どもだったあなたと少年少女のための本。 という企画のミステリーランドの本です。 でも綾辻さん、館を書いちゃった(笑)。 館シリーズの8作... [続きを読む]

受信: 2007/03/09 17:14

« 確定申告 | トップページ | カジノを罠にかけろ »