« 向日葵の咲かない夏 | トップページ | 針の眼 »

身近な殺人事件

殺人事件なんて自分にとってはミステリー小説の中にしかないと思ってきたが、かなり身近で殺人事件が起きた。マスコミ報道にもあるように焼津市で親子三人が殺害される事件があって、実際そのアパートは歩いて5分のところにあるし、長男はウチの子どもと同学年で隣のクラスだった。
昨日は朝からヘリコプターは飛ぶし、急遽生徒と保護者が学校に集合して集会があったりで、非日常の生活になってしまった。集会では事件についてマスコミ報道以上のものはなく、集まって話をしたかったのは子どもたちの心のケアを行いたいと言うことで『静岡県こころの緊急支援チーム』(今年の4月に発足したばかりらしい)のカウンセラーの方が9名ほど来てくれて、個別でカウンセリングを行うとのことだった。ウチの子どもは知り合いではあったけど、同じクラスになったこともなく、たしかに顔見知りで声をかけられる程度はあったがそんなに親しいほどでもなかったので、カウンセリングが必要なほどでもなかったが、同じクラスの生徒さんたちは大変だろうと思う。
昨日から冬休みに入ったこともあり、これから高校受験が本格化し、中学三年生としては一番大事なときにこういった不幸な事件が起き、ただでさえ精神的に不安定になる傾向がある状況でこのような非日常的な出来事があって、平静を保つなんてことはできないかもしれない。カウンセラーの方をいち早く派遣してもらってケアを行う体制を作ってくれたことは感謝したい。

報道によれば犯人と見られるブラジル人はすでに出国し、ブラジルに帰国しているとすると日本とブラジルには犯人引き渡しの条約がないので犯人逮捕は難しいと思う。それよりなにより、なぜ3人は殺されなければならなかったのかが藪の中に入ってしまうことが残念だ。子どもたちに罪はなかっただろうし、なぜ子どもたちまで殺さなければならなかったのか、その理由、真相を知りたい。そうしないと関係者にとってこの事件が落ち着かないだろう。何らかのトラブルがあったのだろうと推察できるが、なぜ子どもまで殺さなければならなかったのか、なぜそう考えたのか。
なんとか外交努力をしてでも犯人を取り調べしてもらいたいし、犯人には罪を償うことをしてもらいたい。
なくなった3人に方々のご冥福をお祈りいたします。

|

« 向日葵の咲かない夏 | トップページ | 針の眼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/13179760

この記事へのトラックバック一覧です: 身近な殺人事件:

« 向日葵の咲かない夏 | トップページ | 針の眼 »