« タイムマシン論 | トップページ | 身近な殺人事件 »

向日葵の咲かない夏

道尾 秀介著『向日葵の咲かない夏』読了
このミス2007の17位。たまたまタイトルに惹かれて手に取った。
ミステリーといえばミステリーなんだけど、サイコかかっている。死んだ人が蜘蛛や猫や花になって生き返り、話をするというのはどうなんだろう。普通に考えたら精神に異常をきたしているとなっちゃうけど・・・。
タイトルは向日葵の咲かない夏なんだけど、”たまたま”咲かなかった向日葵が事件の鍵を握っているので、このタイトルはひねりすぎかな。
どうも最近子どもが自殺する事件が多くて、この小説も自殺する場面が出てくるんだけど、ちょっと嫌な感じがする。いじめの言葉をかけられて自殺をする場面なんだけど、リアリティがありすぎる。もっとも著者が書いた時期にそこまで考えていたかどうかはよくわからないが。
全体に暗い感じがこの小説としての雰囲気をうまくだしているので、こういう展開もありかと思う。読んでソンはないけど、薦めるまではいかない。

向日葵の咲かない夏向日葵の咲かない夏
道尾 秀介

新潮社 2005-11
売り上げランキング : 105680
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« タイムマシン論 | トップページ | 身近な殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/13179613

この記事へのトラックバック一覧です: 向日葵の咲かない夏:

« タイムマシン論 | トップページ | 身近な殺人事件 »