« 町奉行日記 | トップページ | モジリアーニ・スキャンダル »

庖丁人轟桃次郎

鯨 統一郎著『庖丁人轟桃次郎』読了
この著者の本は結構読んでいる。今回も図書館でたまたま見て読んだ。でも、これってミステリーなの。
小料理屋の料理人が地上げをしようとする割烹との料理対決をする連作短編集なんだけど、その料理人が人殺しを殺す話だ。(もっとも料理人が殺人をしていると明言しているわけではないが。)現代の仕置き人を小料理屋の庖丁人がやっているという仮定で話がすすむ。
いろいろおかしいところはあるけど、そういうもんだということで読まないといけない小説だろう。まあ、読んでいて飽きることもなく、一気に読めるけど、読んだ後の読了感はほとんどない。読んだという感覚だけ。著者が何を意図して書いたのかよくわからん。
はずれとまではいわないけど、ほかの本の方がいい。

庖丁人轟桃次郎庖丁人轟桃次郎
鯨 統一郎

早川書房 2005-10
売り上げランキング : 280601
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 町奉行日記 | トップページ | モジリアーニ・スキャンダル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/12399777

この記事へのトラックバック一覧です: 庖丁人轟桃次郎:

« 町奉行日記 | トップページ | モジリアーニ・スキャンダル »