« 報復 | トップページ | いま、会いにゆきます »

東京電力、東通原発1号機の原子炉設置許可を申請

読売新聞からの引用です。『東京電力、東通原発1号機の原子炉設置許可を申請』
東通ってどこなのかと思ったら、青森なんです。その昔勉強した知識が正しければ、電気は伝送するだけでコストがかかる。だから、発電所と消費地は近い方がコストが安い。東京電力は関東圏の消費者のためにわざわざ青森で発電した電力を高いコストをかけて運ぶことになる。
いっそのこと、お台場あたりに原発を作ったらどうか。消費地で発電するのがもっとも効率が良い。お台場はまだ広い空き地があるだろうから、いいんじゃないかと思うのだが。万が一のことが心配ということだろうけど、それじゃあ青森のひとはいいの?
首都圏に最も近い原発は私の住んでいる静岡県の浜岡原発だ。万が一の時には放射能を含む死の灰が風に乗って首都圏にも降りかかるというシミュレーションがでている。万が一のことだけ考えるのなら、浜岡でもお台場でも同じだろう。基本的に事故は起きないという前提で原発を作るのだから。石原都知事はオリンピックを誘致する前に原発を誘致したらどうだろう。
読売新聞の記事からこんなことを考えた。

|

« 報復 | トップページ | いま、会いにゆきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/12097888

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力、東通原発1号機の原子炉設置許可を申請:

« 報復 | トップページ | いま、会いにゆきます »